脳のわかさをサポート!WEB「あたまナビ」での川柳記事で編集を担当しました!

広告

私も記事を何回か書かせてもらった「あたまナビ」のサイトにて、今回はライターとしてではなく、編集者として関わらせてもらいました。

4月は、私が編集を担当した13本の記事が更新される予定。コンテンツ作りには編集者として関わっているのですが、ライターではなく編集の仕事もなかなかに楽しい…!

まずは、クライアントさんが考える「こんなことしたい」というざっくりとした企画を、いかに一つのカタチにするか? ●●●●●ということが伝えたいなら、どういうテーマで、どんな切り口にして、どんな流れで記事を書いていけばいいのか。それならライターさんは誰に依頼したらいいのか、などなど、企画立案〜書くまでの間にある作業を全部してみて思ったのが、

わたし
編集って、超絶大変(笑)

でも、普段何気なくライターとしてやっている作業もたくさんあって、あ、私が普段してる仕事って単にライター仕事じゃなくて、「ライター兼編集の仕事」だったんだなと改めて気付くなど。

それにしても、ライターさんに原稿を依頼したら、毎回期待以上の原稿が上がってくるので、もう私が書かなくていいんじゃないかと思う(でも書きたいけど!)

というわけで、今回は、「ライターお悩み相談室」がきっかけで仲よくなった油井康子さんに原稿をお願いしました。

サクサクと読めて、くすっと笑えて、「そうそう!」なんて共感したくなる…。シニア世代が読む川柳を見事にまとめてもらいました!

広告

人生の達人!シニア世代が読む川柳「私の健康の秘訣」

 

人生の達人!シニア世代が読む川柳「家族への思い」

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!