同志社女子大学での「インタビュー講座」、楽しく終了しました!

広告

先月末、同志社女子大で担当させてもらったインタビュー講座、こんな感じで和気あいあいと終了しました!

写真を見るとどんなことを話したか、ネタバレして恥ずかしい(笑)のですが、補足でたくさんお話しています。

最後のアンケートでは、9割の学生が「とても満足」にマルをしてくれていたので、ホッと胸をなで下ろしたのでした。失敗例も聞きたかったというコメントがあったので、次回のインタビュー講座では、そういう実体験についてもっとお話できたらなぁと思っています。

講座の中で良かったポイントについては、下記のようなコメントをもらいました。

取材の依頼をする際に必要な企画書にどんなことを各必要があるのか、質問はどのように工夫して考えるのが好ましいかなど、気になっている点について聞けたこと。
インタビューのやり方が全く分からなかったので、とても具体的にどうしたら良いのかが分かり、前より不安がなくなりました。

講座内ではプチインタビュ−体験もしてもらいました。実際にしてみて感想は、

インタビューでは、必要なものだけを聞き出すイメージだったので、こちらから興味をもってどんどんインタビューすることで、相手の意外な面も垣間見えて、面白かった。

とこんな感じで、いろいろなことを感じてもらえたようで良かったです!

7月10日に開催するインタビュー講座は、今回実施した90分より長めに時間を取っているので、さらに細かく具体的なことなど盛り込みながら出来たらいいなぁ。

おかげさまでキャンセル待ちの方もいるので、第2回目も8月お盆明けくらいに実施しようと考えています。

たぶんTwitterでの告知が先になるので、気になる方は、ぜひフォローお願いします!

👇

@ezu1030

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!