kitone(キトネ)

  • ブックマーク

舞妓さんに変身したい!という思いを友達に打ち明けたところ、
賛同してくれる人が2人。
この秋、3人で舞妓さんに変身することが決定。
舞妓というか、芸妓というか。

今日はお気に入りカフェ「kitone」へ行ってきた。
雑誌「クウネル」や「天然生活」が好きな人なら間違いなく
はまるであろう、かわいらしく素朴な空間が広がるカフェ。

店内には作家さんが作った雑貨―陶器の器や木のイス、カゴなんかも売っていて、
それらがシンプルにテーブルに並べられているのを見ているだけでも幸せ。

店構えや雰囲気も大好きだけど、私が何より愛するのは
ここのマフィン。

厚みがあって、カリっとした歯ごたえとモッチリした食感があって、
シンプルにバターとハチミツをつけるだけなのに
それはそれはおいしーい!マフィンなのです。

マフィンについた焼印もカワイイ。

直火焼きマフィンとメニューにはあったような。
直火だと何が違うんだろうか…。取材したい。

マフィンを2つオーダーしたいくらいだったけれど、
スープとセットで900円だったか850円だったか。

マフィンはハチミツとバターで味わうのと
サーモンとクリームチーズがはさんであるものと2種類。

サーモンとクリームチーズのマフィンも食べてみたいと思うのだけど、
結局いつもシンプルなマフィンで落ち着いてしまう。

ちなみにスープもおいしいですよ。
ニンジン、タマネギ、セロリなどなど、たぶん10種類以上の野菜が入っていて
野菜の旨みだけで味付けしたような優しいおいしさ。
食べるスープのように野菜がゴロゴロ入ってる。

それにしてもこのマフィン、テイクアウトしてくれないかな。
ホント毎日でも食べたい!

ところでこのカフェ、とっても分かりにくい場所にあるので要注意。
下の地図かホームページの地図をしっかりチェックすべし。
私も一度散々迷ったし(挙句に閉まっていた)、お店にいるときも
迷ったらしき人がお店に電話をしてきて場所を聞いていたし。

kitone
住所:京都市下京区燈籠町589-1 1階
電話075-352-2428
時間:正午~午後6時 水・木休(臨時休業あり)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。