中華そば「高安」

  • ブックマーク

今週、美人さんを何人かインタビューする仕事があるからと
予定を入れず空けておいたのに、来週に…。
おかげさまで、わりとのんびりした1週間。
人間らしい暮らしをしている。

そんなヒマな週もあるかと思えば、来週、再来週は仕事が重なって、
いくつか受けられない仕事があったりして残念。
一乗寺~銀閣寺辺りのお店取材や、町家をテーマにした企画とか
興味あるのばっかりなんだけどな。

というわけで、時間があったので、今日のお昼は人気のラーメン店へ行ってみた。
一乗寺にある中華そば「高安」。

ここはいつ行っても長蛇の列か、タイミングが合わず休んでいるかで
今日で5~6度目のアタック。
今日も6人くらい並んでいたけれど、10分待ったら入れた。

いつもはこのガラス張りのところにもズラーッと並んでいる。

旦那は数量限定という言葉に引かれ、すじラーメン(650円・上)と
私はとりあえず初めてなのでメニューの一番上に書いてあった中華そば(600円・下)を注文。

白濁したスープを見て、豚骨だからコッテリかなと思いきや
意外とあっさり。

すじを食べさせてもらったら、柔らかくて甘辛く味付けがしてあっておいしかった。
私はチャーシューよりもすじの方が好きかも。

食べきれないだろうということで注文できなかったけど、
ここの唐揚げ、とってもおいしそうだった。
カレーメニューなんてないのに、店内にカレーの匂いが漂っていたのは、
唐揚げにカレースパイスが使われていたからだった。
大きさがすごくて、ロールパンくらいはありそうなビッグサイズ。

次行って、行列していなかったらまた挑戦してみようかなぁ~。
頑張って並ぶほどじゃないなぁ。

中華そば「高安」
住所:京都市左京区一乗寺高槻町10
電話:075-721-4878
時間:午前11時~午後3時30分、午後6時~午前0時。月、毎月28日休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。