「Pooh’s?」…祇園白川沿いのカフェ[京都グルメ]

  • ブックマーク

怒涛の取材ウィーク。まだまだ続きます。来週辺りまで。
先日、ある寺院の住職の方に話を伺ったのだけど…。
なんかこう、悟りを啓いたというか、達観しているというか
こちらの全てを見透かされているようで、ド緊張。
涼しい部屋で大量に汗をかきつつ、話を聞き終えました。

 

そして、またある日は祇園のカフェにて、超・美人の方に話を聞くことに。
キレイすぎて、これまた緊張。私は美人に弱いのだと改めて認識しました。

 

毎日いろいろな人に会って話を聞かせてもらって、なんて幸せな仕事なんだろう!
あとは、この感動をいかに多くの人に伝えられるか…が腕の見せ所なんですが。

さてさて、取材の合間のお楽しみ、ランチです。
東大路通り、白川沿いにあるカフェ「Pooh’s?」に行ってみました。

 

写真、いつもより美味しそうに見えませんか?
実は、カメラマンさんが撮ってくれたのです。
同じデジカメなのに、光の加減で全然違って見えてきます。さすが。

で、ランチは、私がパスタセット900円。サラダとパン付き。
カメラマンさんがおばんざいセット850円。
8品のおばんざいから3品選べて、黒米入りご飯とお味噌汁付き。
他には、バケットサンドセット850円、タコライスセット900円がありました。

カフェだけど、おばんざいメニュー。私はパスタを選びましたが、
「和」な気分のときにカフェにあると嬉しい。
8品から選べる上、1品ずつボリュームもあって、いい感じ。
しっかり手が込んでる印象でした。
パスタも麺の硬さや塩加減がちょうどよくて、美味!

大きな窓からは白川がよく見えて、開放感いっぱい。
店員さんの接客も心地よくて、取材前の腹ごしらえがしっかり出来ました。

お店のホームページのフォトを見てみると、ワッフルメニューが充実していて、
しかもタワーのようにワッフルとフルーツが盛られている!
すごいボリュームで美味しそう~。コレ、食べたかったなぁ。

プーズカフェ
住所:京都市東山区東大路通古門前下ル松原町294
電話:075-541-3002
時間:12:00~19:00 水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。