「イタリアンバー&カフェ air」子連れで行きたい、京都・高野川沿いの眺めのいいカフェ

  • ブックマーク

前々から行きたいなぁと思っていたカフェへ、
友人に「行こうよ!」と誘ってもらって、初めて行ってきました。

高野橋の西側、河川敷遊歩道を少し南へ下がったところにある、「イタリアンバー&カフェ air」です。

ここ、川沿いを散歩するたび気になっていたのですが、何となく入りそびれ…
ようやく訪れたわけですが、なんでもっと早くから行かなかったんだろうー!と、
後悔するくらいに魅力的なお店でした。

初めてお店の中から見る景色は、ホント抜群!
おまけに、想像以上の開放感。 

目の前には高野川、遠目に比叡山。
大きな窓から気持ちいい風が入ってきて、
あぁホント、昼間っから、ここでグラスワインなど飲みたい気分。

椅子が、遊歩道より少し低い位置にあって、
道行く人とばっちり目が合うということはないし、 
より川を近くに感じられるというか、目線の高さが変わって、
新鮮な気分で景色が楽しめる。 

ちなみに、対岸に見えているのは、左京区民の憩いの場「カナート」です。

そして、子連れで行ったのでお酒はガマンしたのですが(笑)
子どもにもとっても優しいお店で、またまた感激。

まず、子どもがいたらオレンジジュースをサービスしてくれます。
そして、子ども用のメニューもあり。

こちらが、子ども用ドリア600円。

プチサイズですが、味は本格的。プチではないけど、子どもが好きそうなピザとかパスタ、
サンドウィッチもあるので、皆でオーダーして取り分けてもいいかなと思います。

私がオーダーしたのは、キッシュプレート950円(だったか)

これにバゲットと、ドリンクがセットになっています。
このキッシュプレート、私のお腹には、ちょっと量が少ないかなぁという印象。
で、息子が残したドリアを食べてお腹いっぱいにはなったんですけどね(笑)

でも、添えてあるお野菜もおいしいし、キッシュも風味濃厚、
パイ生地もサクサクおいしく味は抜群。
カフェというより、イタリアンレストランでしっかり頂いているという感じ。

気になったのが、「表面張力ワイン」というメニュー。
友人によると、コップいっぱいにワインが注がれているそうで、
しかも350円という太っ腹な価格。

一品メニューも、バーニャカウダとか生ハムピザとか、自家製ピクルスとか
ワインに合いそうな料理が揃ってて、これはホント夜に一度行ってみたい。 

特にこれからの季節、気温もちょうどよく気持ちいいのでぜひ。
梅雨入りしちゃいましたが、雨の日はメニューが10%オフになるとか! 

今の店長さんはもうすぐ変わられるそうだけど、
子どもたちに折り紙の手裏剣を作ってくれたり、
子連れの客にも、何かと細やかな気遣いが嬉しい。

こりゃあもう再訪決定です。

italian bar & cafe air
住所:京都市左京区下鴨東森ヶ前町19 カーサ下鴨1F
電話:075-721-6117
時間:12:00~22:30 月曜日のディナーはお休み

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。