花園大学で、コシノジュンコさんの特別講演があります。

  • ブックマーク

NHK、朝の連続テレビ小説「カーネーション」、皆さんご覧になっていますか?
私は毎朝とても楽しみにしていて、そして見終わったあとにはいつも元気をもらっています。

ヒロインのモデルとなっているのは、
世界的デザイナー、コシノ3姉妹のお母さん・小篠綾子さん。

で、脚本家は渡辺あやさん。この方は私の田舎、島根在住というのも気になるし、
大好きな映画、「ジョゼと虎と魚たち」の脚本も書いているので、
これは面白いに違いない!と思っていたら、もう想像以上に面白い。

まだ着物が一般的だった時代に、いち早く洋裁に取り組んで活躍していくというストーリーで
ヒロインの、好きなものにまっすぐ取り組む情熱と行動力に、
いつも感動して、「あぁ、私も頑張ろう」と思ったりしています。

出てくる人物の誰もが魅力的で、岸和田の言葉もすごく人間味があってかわいらしく、
毎日目が離せない。今一番ハマっているTV番組かもしれません。

で、明日、花園大学に3姉妹の一人、コシノジュンコさんが来て
講演をされるということで、ちょっと行ってみようと思っています。

講演テーマは「ファッション文化や生き方について」

入場無料な上、申込も不要(先着500名)だそうなので、これは行くしかない!

というわけで、興味のある方はぜひ!

日時:2011年11月6日(日) 13:00~(開場12:30)
場所:花園大学 無聖館5階ホール
問い合わせ先:花園大学企画広報室(075-823-0610)

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。