ここ最近のラーメン店めぐり。

  • ブックマーク

私の旦那さんは、外食ランチ=ラーメンという図式が出来上がっており、
お昼食べに行こかー、となると100%ラーメン店へ行くことになります。

ラーメンばっかじゃ飽きるし、私はおしゃれなカフェや新しいカフェに行きたい。
(私の場合、外食ランチ=カフェ)

こんなラーメン好きは、私の旦那さんだけかと思ってたら、
私のまわりにいる男性陣、意外にも毎日ラーメンでもいいという人が多数。

…というわけで、最近行ったラーメン店の紹介、2連発。

これは、京都駅ビルの中にある京都拉麺小路の中のお店、
「博多 一幸舎」の味玉ラーメン750円。

細麺にとんこつ、は私の大好きな味なので、間違いないです!
黄身の半熟加減がサイコーでした。
豚骨スープもしつこくなく、意外とあっさりした味わい。

次回使えるサービス券をもらいました。
ラーメンを注文したら、BIG唐揚げ1個か、替え玉1玉サービスしてもらえるという。

京都拉麺小路には、久々に行きましたが、いろいろお店が入れ替わっているんですね。
HPを見ると、関西初出店、京都初出店のお店がほとんどだったので、
ラーメン好きなら要チェックです。

 

で、次が、一度このブログでも紹介していますが、下鴨にある「博多っ子」のラーメン。
ここも私の好きな細麺、豚骨というわけで、大好きなところです。

麺の太さが2種から選べるのですが、細麺にしたら、
本当に麺が針のように細かった!そしてこれがウンマイ!

1週間に2回もラーメン…。
次回の外食ランチは、私の希望を聞いてもらうことにします。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。