ブログを読んでくれている方から、お手紙とチョコレートが届いた。

  • ブックマーク

この2月は、まず「第19回 犯罪被害者支援京都フォーラム」にパネリストとして登壇し、翌日は4歳娘のダンス発表会。その後、東京で「そうだ 京都、行こう」の特別講座が2週連続であって、そして今日は八百屋さんの取材。

 

なかなかにハードな2月前半を駆け抜けて、八百屋さん取材から帰ってきたら。

「ほぼ毎日、江角さんのブログを楽しみにしています」という方から、お手紙が届いていた。

書き出しは「ブログを楽しませていただいているお礼をとペンを執りました」って。出雲帰省記事が好きなこととか、京都旅の際は、私のブログを参考にしてくださったこと、共著「京都、朝あるき」を何度も読んでくれたことなどなど綴ってあって、読み進めるほどに、なんかこうこみ上げてくるものが…(涙)

なかでも嬉しかったのが、私のブログは肯定形で、読むと元気がでますと書いてあったところ。
はぁ〜うれしすぎて感嘆のため息が。

この怒濤の2週間の疲れが一気に吹き飛ぶ、スペシャルなご褒美をもらったようでした!ありがとうございます!!

おまけに!

封筒になんか入ってると思ったら、こんな高級チョコレートが2つ。

「好物とのチョコレートを同封いたします」って…(さすが、よくご存じで!)

仕事の合間にありがたく、いただきます。

わたし
ありがとうございます〜〜!!

私がブログを書くときは「誰も読んでないけど、誰かが読んでくれている」っていう気持ちでいるのだけど、読んでくれてる人、本当にいたのだなぁとしみじみうれしい。

「これからも読んでばかりでお礼もできませんが」とあったけれど、こんなお手紙とどくこと自体、相当うれしくて、さっそくブログに書いてしまっていますが!(京都のおいしいもの何か贈りたい)

もし「なんとか江角さんにお礼がしたい」という奇特な方がいましたら、私の欲しいものはこちらにあります(笑)9割が本だけど。

はぁ〜、2月後半もがんばろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。