つれづれなるままに雑記…波に乗り切れないハロウィン

  • ブックマーク
  • -
    コピー

毎年思うのだけど、どうもハロウィンの楽しげな波に乗り切れない。
が、今年はガラス作家の真紀ちゃんに持ち寄りハロウィンパーティに
誘ってもらったので、ぎりぎり乗り切った感じ…か?

スポンサーリンク

持ち寄りパーティの超・豪華メニュー

2016-10-31_19-01-02_971

仕事帰りだったので、そのまま出先のデパ地下で
春巻きと春雨を買って帰っただけだったのに、
まきちゃん家に着いたら、ものすごいご馳走(しかも私以外みんな手作り)が
並んでいたのだった。

カボチャを器にしたグラタンとかタコスとかバケットサンドとか。
見た目も完璧、味も完璧。

2016-10-31_19-17-51_585

極め付けはこれ。どうやって作るの一体…。

すごいなぁ、と感動しつつも、もし私が今日まるまる1日お休みだったとしても、
料理に対して、これほどのものを作れる熱量というのが全くない…と思ったのでした。
なので、春巻きだけ持って行って、こんな見目麗しい料理にありつけるとは
本当にラッキーとしか言いようがない!!持つべきは料理上手な友!

「何でこんなの作れるの?!」とつぶやいていたら、
夫が「料理とモノ作りは似てるからねぇ」と。
確かに、今日集まっていたお母さん全員が
京都精華大卒でモノ作りをしていた人たち。

絵の描けない私の料理のセンスの限界を思い知った瞬間。

 

最後に私の愛すべき友人たちの仮装。
打ち合わせしていないのに、まさかの丸かぶりとか!
奇跡の2人。

Halloween 仮装 友人とまさかの被り 打ち合わせ無しで W ヤマトタケル の亡霊 #ナホちゃんと

CHICCA Makiko Hataさん(@chicca_makikohata)が投稿した写真 –

この格好をした二人がキッチンでふっつーに料理してる姿とか、本当シュール。
あぁ心底笑った。

そしてもう、10月も終わりなんですねぇ。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。