妙心寺、修行体験初日(01)

  • ブックマーク

忘れぬうちに、アップしておこう。

先週末参加した妙心寺での修行体験、初日です。
まずは、ホールで開会式。

 

私が参加したのは、みんなでお参りする 「奉仕団参」というもの。

開会式のときのお坊さんの言葉がとても印象に残っている。

奉仕というと、「してあげるもの」という感覚を持っている人も多いだろうけれど
それは、違うと。そうではなく、奉仕できる喜びを感じてほしいということ。
もしかしたら、今日、風邪や急な用事で、ここに来られなかった人もいるかもしれない。
そう思うと、今ここにいて奉仕できることはとてもありがたい。
「奉仕させていただく」という心構えで2日間過ごしてほしい。

という言葉。

「してあげる」ではなく、「させていただく」。
この感覚、いろんなことに当てはめたらとても面白い。

食器を洗わせていただく。
ご飯の準備をさせていただく。
庭掃除をさせていただく。

普段面倒くさい、嫌だなぁと思っていることも
「~させていただく」って思うと、妙にありがたくなってくるから不思議。
上に挙げた例は、私が普段めんどくさっ!と思っていることですが。

 

続いて、作務といわれる奉仕活動。大方丈の前の庭を掃除します。
年配の方が多かったこともあるのか、あっという間に終了。

そして、茶礼。お茶とお菓子をいただいてほっこり。
大して働いていないのに、スイマセンという感じですが。

 

(02)へ続く。

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。