丁寧でおいしいおやつ。街の癒し空間「コトリカフェ」

  • ブックマーク

そういえば先日、とっても可愛らしいカフェへ行ったのでした。
先輩ライターの杉本恭子さんと1年ぶりの再会ということで、
教えてもらった「kotori cafe(コトリ カフェ)」。

京都市役所から西へ徒歩3分くらいのところ。
コムデギャルソンのビルの5階にあります。

以前ここにあったカフェも好きだったのですが、新しくなったお店もまた魅力的。

少し分かりにくくて、初めて入るにはちょっと勇気がいるような入り口がいい。
隠れ家っぽくて。

ビルの5階まであがると、とても見晴らしがよくって明るく、気持ちのいい空間。
あんな狭い入り口から、こんな開放的なお店へ…っていうギャップも好き。

カウンター席と、テーブル席があります。

おやつタイムだったので、スイーツとコーヒーを注文。
盛り合わせは、自分で選べるのと、店主に選んでもらうものとありました。
どちらも600円。

カウンターの上に、選べるおやつがズラリと並んでいます。カワイイ。

私はおまかせで。シフォンケーキに、ヨーグルトケーキ、ロールケーキが来ました。

メニューには、体にいいものを提供したいという思いが綴ってあって、
ベーキングパウダーのような添加物は極力使用せず
素材を選んで作り上げているとありました。

なんか、写真だけ見てると結構甘そうですが、どれもごくあっさり。
ふんわり軽い口当たりです。

コーヒーも、使っている豆はハンドピックで欠点豆をすべて取り除いた良質のものだけ
…なんだそう。

 

しかもコーヒーだけで5種類もあって、迷いました。

・甘味のブレンド
・コクのブレンド
・軽さのブレンド
・苦味のブレンド
・アイスブレンド

私は酸味や苦味が苦手なので、迷わず甘味のブレンドを。
とても飲みやすかったです。

 

砂糖のイラストが小鳥。ミルクの器も素敵。

 

店内には密かに小鳥ちゃんがいて(写真左端)
時折聞こえるチュチュチュという小さな鳴き声に癒された。
本棚には興味深い本が並んでいたから、今度は一人で来てのんびりしたいなぁ。

街のど真ん中にあるのに、お店全体にゆる~い空気が流れていて、すごく心地いい。

朝7時半からモーニング(10時半まで)もしているようなので、
それはぜひとも行ってみたい。

あと、土鍋で炊いたご飯に、特選のお醤油、オホーツクの自然海塩、
無添加の生みそなんかで味付けされた体に良さそうなランチメニューも気になります。
(ランチは11:30~14:30)

kotori cafe
住所:京都市中京区御幸町通御池上ル ムーンビル5F
時間:7:30~19:00 水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。