椿屋×辻ヒロミ 二人展「なつのたより2013~月草の手紙~」がブックカフェ・ユニテで開催中。

  • ブックマーク

 

そうそう、山田ねーさん辻ちゃんの展覧会も開催されています。

展覧会初日に顔を出してきました。
会場は、川端二条にあるbook cafe & gallery UNITE’

ビルの1階、奥まったところに入口があります。

このカフェが素敵だステキだって、二人からはずっと聞かされていたのですが、
一度行ったら定休日で…今回ようやく伺うことができました(*^-^)

 

ブックカフェと謳っているだけあって、本がどっさり!
この置いてある本どれも自由に読んでいいだなんて!
しかもおいしいお茶とケーキもいただきながら読書できるって、ここは天国でしょうか!

置いてあった本で気になったの。 

FLAT HOUSE LIFE 米軍ハウス、文化住宅、古民家……古くて新しい「平屋暮らし」のすすめ
 
中央公論新社

 帯には、「古い家好きにはたまらない永久保存版」と書いてあって、中を見たら本当にそう!
(写真に帯はないですが)

静かで落ち着いた雰囲気といい、ステキな本との出会いといい、小躍りしたいくらいツボなお店でした。

NYチーズケーキ(セットで950円)もドライカレー(セット1050円)も美味しかったです。

で、肝心の展覧会…(笑)

 ねーさんの短編小説「月草の手紙」から広がる、辻ちゃんのイラスト5点。

ねーさんの作品は、きちんと製本されておいてあります。
右側は今回の展覧会パンフレット。

編集、取材、文、写真は私が、デザインはフィールドの乙女、田中さんが担当してくれました。
(いつもありがとうございます☆) 

封筒のように見えるデザインが可愛らしく、会場でも好評なんだとか。
何でも自由に書いていいって、ちょっと難しかったけど、作るのは本当に楽しかった!
ねーさんと辻ちゃんにインタビューしたり、「月草の手紙」の書評コラムなんかが載っています。 
 

物語に登場する月草の手紙は、こんな風に、本当に封筒に収まっていて、
封筒を開けて読むようになっているんですが、
自分宛てではない、誰かに宛てられた手紙を読むのって(作品なんですが)
本当に、いいのー?ってドキドキしました。

 

来週日曜は、ねーさんのお手紙ワークショップもあり。
興味のある方は、まだ定員にあきはあるようなのでぜひ。

*************************************************************

椿屋×辻ヒロミ 二人展
「なつのたより2013~月草の手紙~」

日時:2013年7月11日(木)~21日(日)※17日(水)は定休日
   11:30 ~ 19:00 (最終日~18:00)

会場:book cafe & gallery UNITE’
京都市左京区新先斗町133サンシャイン鴨川1階
   

◯ワークショップ「夏のおてがみ講座」◯

日時:2013年7月21日(日)14:00~16:00

会費:2,500円(お茶菓子付)

定員:各日先着8名

ご希望の方は、メールでご応募ください。

kyoto.kotorikai@gmail.com 

※件名に「てがみ講座参加希望」とお書きの上、
 ご希望の日をお選びください。

ご応募お待ちしております♪

*************************************************************

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。