京都上高野にある「栖賢寺(せいけんじ)」で紅葉を堪能!お庭の美しい穴場スポット!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

この週末もまだまだ紅葉日和だった京都。薪を手に入れるため参加している里山活動にて、入らせてもらったお寺のお庭が素晴らしかったので紹介します!

そのお寺とは、京都市上高野にある「栖賢寺(せいけんじ)」。すぐ近くにある「蓮華寺」は紅葉で有名で、最近は行列ができるほどの人気ですが、ここ「栖賢寺(せいけんじ)」はまだ知る人ぞ知るスポットにて、ほとんど人がいません。

広告

京都の紅葉・穴場スポット

9月の台風で、境内の大木が多数倒れ、私たちはその木を丸太にして処理する作業をさせてもらっているのですが、お庭が本当に美しく、行くたびため息モノだったのです。それが、ここ最近で一気に紅葉が色づいていて、さらに見ごたえのあるお庭になっていたのでした。

このお庭、本当はこっそり誰にも内緒で楽しみたいのだけど、あまりにも素晴らしかったので、もっと大勢の人にも知ってもらいたい!という相反する思いが募って、ひっそりブログで紹介することに。

入り口には立派な門があり、拝観料はとくに設定されていないようですが、お布施を入れる箱が用意してあります。きっと500円〜くらいが理想。

お庭に入ると飛び込んでくる真っ赤な紅葉。奥にブルーシートが見えるのは、9月の台風で木が倒れ、損壊した建物を修復中のため。

苔の上に散った紅葉も美しい

 

どこをどう切り取ってもきれいだった。

人がいないと、こんなにものんびり紅葉を楽しめる。

サイトによると、ふだんのお寺の活動はこんな。

・毎朝の坐禅会
・新月、満月の夜の坐禅会
・3〜7日の接心(集中的な坐禅修行期間)
・テンプルステイ
・坐禅研修
・茶道体験、お茶会
・作務(ボランティア)

坐禅会、いつか参加してみたいなぁ。

>>関連記事:保存版】京都本ライターが毎年行きたくなる穴場・紅葉スポットはここ!京都でゆっくり紅葉を楽しみたいなら、ちょっと外れにあるくらいがいい。

栖賢寺データ

京都市左京区上高野水車町20

京都市左京区上高野水車町20
お庭はふだん大々的に開放されているわけではないのですが、志納金制で中に入って見学することはできるようです!

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします