子連れも気楽に「京都ホテルオークラ」のブッフェ

  • ブックマーク

一体、いつまで梅雨が続くのか~。
でもまぁ、雨の音を聞きながら仕事をするのは、好きなんです。

さて先週末、お義母さんに「京都ホテルオークラ」のブッフェへ
連れて行ってもらいました。ここは結婚式のあとに、
奮発してスイートに泊まった思い出のホテル。
17階の「オリゾンテ」では、朝食を食べたんですが、
今回のブッフェもそのオリゾンテにて。

バイキングが楽しめるレストランで
今は、「スタミナ&スパイシーフェア」を開催中。
チヂミやナムルといった韓国料理も盛り込んだメニューになっているそう。

 

バイキングスタイル、久々だったんですが、
ズラーッと並んでいるおいしそうな料理の数々を目の前にすると、興奮しますね!
好きなものを好きなだけ、食べていいって!
今回ばかりは、息子にミルクを飲んでもらうとして、久々に卵、ミルクメニューも満喫。んまー!

 

ホームページにメニュー内容は載っていますが、一部を紹介すると

・冷やし茶そば
・海鮮ちらし寿司
・冷奴
・ちりめん山椒
・ハモの梅肉がけ
・うなぎおこわ(せいろ)
・野菜天ぷら
・スモークサーモンのサラダ風
・鮮魚(鯛)のカルパッチョ
・生ハムのサラダ仕立て
・枝豆
・サンドウィッチ
・チーズ盛り合わせ
・パン

など、まだまだ盛りだくさん。
私が一番気に入ったのは、うなぎおこわ。
そして、クリームチーズのスイーツ!

ホテルに子連れ…と躊躇しがちですが、バイキングなら
何だか店内もにぎやかで、あまり気にせず食事が楽しめました。
(といっても、ずっとお義母さんやお義姉さんがみてくれていたんですが)

でも、ホテルならではの接客は心地いいし、
目の前に広がるのは、こーんな絶景だし。
子連れで家族で楽しめる、貴重なホテル内のレストランだと思います。

京都ホテルオークラ 
住所:京都市中京区河原町御池 
電話:075-211-5111(代)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。