京都・大宮「御菓子司 聚洸」

  • ブックマーク

この日取材した和菓子屋さん「御菓子司 聚洸」は、老舗和菓子屋・塩芳軒の息子さんが1年前にオープンさせたお店。

ショーケースには常時5~6種類の上生菓子が並んでいて、どれも色がキレイで、アート作品のよう。1個300円。私は右端のピンクの和菓子を試食させてもらったけど、あまりのかわいらしさに食べるのがもったいなかったほど。

甘さ控えめで、やさしい味がした。その後主人が出してくれたお茶がまたおいしかった。お店の近くにあるお茶屋さんで葉っぱを買ったとか。緑茶と一緒に頂くと、和菓子のおいしさ倍増。

ケーキもいいけど、和菓子もいいなぁと思った今回の取材。

御菓子司 聚洸

住所:京都市上京区大宮寺之内上ル
電話:075-431-2800
水・日・祝休

 

書いても書いても仕事が終わらん!ここ2週間。
右手首は腱鞘炎気味、口の中に口内炎はできるわで、疲れはピーク。
あと、あと、2つ原稿を書けば何とか一筋の光が見えてきそう。

土曜日に行った取材もやっと昨日原稿を仕上げた。
カメラマン、脚立に乗って撮影したり、
レフ板を駆使して撮影したり。
その見事な仕事っぷりをまたもや隠し撮り。

さて、今日は午後から、同じく気の置けないカメラマンと取材。
ムラタセイサク君に会いに行く。
一体何の取材だ?って感じだけど。
どんなすごいロボットが待っているのか。楽しみ。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。