「アンガーマネジメント 管理職の教科書」読了。どうやったら怒らずに過ごせるかということを日々考えている(54/100)

広告

View this post on Instagram

「怒らないこと 役立つ初期仏教法話1」スリランカ初期仏教長老 アルボムッレ・スマナサーラ 友だちがくれた本。この本を読んで「怒らないようになりたい」と思うようになった気がする。毎日怒らずにいられたら、本当いいだろうなぁ。 気になった言葉メモ。 「性格的には、怒る人は人間の中でも最低です。何にもできない負け犬です」「怒りは人間にとっては猛毒」「何をされても怒らないということを、自分に課してみましょう」「殺されそうになっても、私は殺す側に対して怒りは持たない、というほどの覚悟があれば、世の中に生きるということくらい、なんのこともないのです」 #book #bookstagram #bookshelf #bookworm #読了 #読書 #本の虫 #本棚 #仏教 #ブッダ #読書ノート #読書メモ #怒らない #怒らないこと

A post shared by エズミユウコの本棚 (@ezumiyuko_books) on

以前、紹介した「怒らないこと」という本。あいかわらず、何度も手に取って読んでいる。最近は、アンガーマネジメントというものがあるのを知り、これについての本も読んだ。

created by Rinker
¥1,512 (2019/03/23 17:17:59時点 Amazon調べ-詳細)

広告

怒りは自然な感情で、我慢することも、殺す必要もない

この本では、「怒り」とは何か?ということがひも解いてあって、そこを知ると、自分が怒る理由がよく分かった。怒りがどこから沸いてくるかということを客観的に知ると、ちょっと引いて物事を考えられる。

人は誰でも、自分の「これが正しい」という考え方を持っていて、それと異なる考え方や行動をする人がいると腹を立てるのだと。そういう場合は、自分の理想と相手の行動にギャップがあるわけだから、ギャップを埋めるために、相手にリクエストをすればいいのだと本には書いてあった。

例えば、朝。子どもがなかなかパジャマから服に着替えなくて、何回言っても遊んでて、もうさすがに着替えたかなと思ってみたら、パンツ一丁で遊んでて、本当に腹が立つのだけど、子どもが着替えない理由もまた、子どもなりにあるわけで(遊んでるだけにしか見えないけど!)。

そんなときは別に怒鳴り散らしたりせず、「私は●●してほしい」と穏やかに伝えればいいのだ。大声を出したりする必要など一切ないのだ。

って、頭では分かってても行動できるかどうかはまた別なんだけど。

とにかく、私は怒りたくなくて、心穏やかに過ごせる方法というのを模索している。瞑想をしているのも、坐禅をするのも、すべては心穏やかに過ごしたいという思いから(何がそんなにわたしを駆り立てる?)

読んだ本は随時Instagramにアップしているので、よかったら「エズミユウコの本棚」、フォローお願いします!

仏教の考え方を知る

以前読んだこの本は、子育てするお母さんが書いたもの。仏教の考え方を取り入れた子どもとの接し方も載っていて、とてもよかった。仏教の考え方が、気持ちを穏やかにしてくれるということがよくあって、すごく面白い。

そんなことを夫に話していたら、「そんなに仏教に興味があるなら、実家のお寺を継げば?」と言われてしまったんだけど。それはない。


この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!