金運アップしたらいいなぁ(笑)旧日本銀行の金庫室がカフェに!「前田珈琲 文博店」ヘ行ってきました!

  • ブックマーク

「京都国際子ども映画祭」に行ったときに、寄ったのが「前田珈琲 文博店」。国の重要文化財「京都文化博物館別館」内にある旧日本銀行京都支店の金庫室が、カフェになっているのです!

金庫室の中がカフェ

行ったらまず見てもらいたいのが、この重厚な扉。金庫室だったというのがよく分かる。友人のライターによると、金庫室の中にまた金庫があるとのことで、「何故そこに?という位置に小さな金庫の扉がある」と。次に行ったときはそこも確認してみたいなぁ。

店内はこんな感じ。お客さんがいたので、写真は天井部分だけ。ソファ席やテーブル席などアリ。こぢんまりとしています。

パンがおいしい!

ドリンク付きのお得なランチメニューがありました!

私はハムと卵のホットサンドイッチ。

このパンがおいしいんだよなぁ。

息子は、ホットドッグを単品で。

ウインナーおいしいかった!!

そして、このモリモリのサラダがうれしい。ドレッシングはゴマとニンジンと2種類お好みで。ボトルをテーブルに置いておいてくれるので、たっぷりかけられる。

銀行だった場所も無料で見学できますよ。三条通りはレトロ建築の宝庫。観光にもオススメです!!

その他、京都のカフェはこちらをどうぞ >

前田珈琲 文博店データ

京都市中京区高倉通り三条上る東片町623-1 京都文化博物館別館内1F
075-255-1221
10:00〜19:30(L.O.19:00)
月曜日(月曜祝日の場合は翌日定休)、京都文化博物館別館休館日

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。