金運アップしたらいいなぁ(笑)旧日本銀行の金庫室がカフェに!「前田珈琲 文博店」ヘ行ってきました!

  • ブックマーク

「京都国際子ども映画祭」に行ったときに、寄ったのが「前田珈琲 文博店」。国の重要文化財「京都文化博物館別館」内にある旧日本銀行京都支店の金庫室が、カフェになっているのです!

広告

金庫室の中がカフェ

行ったらまず見てもらいたいのが、この重厚な扉。金庫室だったというのがよく分かる。友人のライターによると、金庫室の中にまた金庫があるとのことで、「何故そこに?という位置に小さな金庫の扉がある」と。次に行ったときはそこも確認してみたいなぁ。

店内はこんな感じ。お客さんがいたので、写真は天井部分だけ。ソファ席やテーブル席などアリ。こぢんまりとしています。

パンがおいしい!

ドリンク付きのお得なランチメニューがありました!

私はハムと卵のホットサンドイッチ。

このパンがおいしいんだよなぁ。

息子は、ホットドッグを単品で。

ウインナーおいしいかった!!

そして、このモリモリのサラダがうれしい。ドレッシングはゴマとニンジンと2種類お好みで。ボトルをテーブルに置いておいてくれるので、たっぷりかけられる。

銀行だった場所も無料で見学できますよ。三条通りはレトロ建築の宝庫。観光にもオススメです!!

その他、京都のカフェはこちらをどうぞ >

前田珈琲 文博店データ

京都市中京区高倉通り三条上る東片町623-1 京都文化博物館別館内1F
075-255-1221
10:00〜19:30(L.O.19:00)
月曜日(月曜祝日の場合は翌日定休)、京都文化博物館別館休館日

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。