1億円の束を持ってみたよ@岩倉マルシェ2018に行って来ました!

  • ブックマーク

宝ヶ池公園で開催された「岩倉マルシェ」に行ってきました。

去年も行って楽しかったのだよね。

今年はさらにバージョンアップして、岩倉にあるいろんなお店が出てました。

全然知らなかったお店とか知れて、とても楽しい。

朝イチに行ったけど、子連れの人も多く、賑わっていました。

日陰は涼しくていいんだけど、屋根のないところはひたすら暑い!!

が、梅雨入り前の晴天を満喫。

スーパーボールすくいをしたり(200円)

なんと京都信用金庫さんまで出店していて、1億円の重さを体感してみませんか?みたいなことも。

すごいな、発想が自由だな!

意外と重い!!1億円の重みを堪能(笑)

1億円、欲しいなー。

100万円の厚みを当てるというゲームにも参加したのだけど、86万円とか71万円とかで、全然当てられず。

いやー、でも面白かった!

無料で参加したのに、ポケットティッシュやらお絵描き帳とかもらったりして。

お花屋さんの紫陽花が可愛かった。

そのあとは、宝ヶ池公園を散策。

ここは軽井沢か、フィンランドの森か?

マイナスイオンに癒されまくる。ここでも梅雨入り前の晴天を満喫。

鯉や鳩に餌をやってみたりして。

かき氷150円。

のんびりいい日曜日だった。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。