新米せんせー奮闘記…打てば響く。教える楽しさがちょっと分かった気がする。

この記事を書いた人

江角悠子

京都在住フリーライター。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

こんにちは。京都で活動しているライターの江角(@ezu1030)です。
先週から始まった新しい仕事、大学講師。

1週間経つのは早いもので、また今週も木曜日がやってきた!!

先週、「この授業は大変ですよ〜!」
「私は時間にうるさいです(遅刻はNG)」とか
散々脅すようなことを言ってしまって、
必修科目でもないこの授業、
果たして取ってくれる子がいるのかなと
ヒヤヒヤしていたのですが。

今日、教室に行ったら、
人数が減っているどころか、
なんと一人増えていて、
「あぁ!!よかった!!!」
と思ったことです。
みんな来てくれてありがとう!という気持ち。

授業でプチインタビュー

さて本日は、みんなにインタビュー体験をしてもらいました。
自己紹介をする代わりに、
他己紹介をするというもので、
ペアを組んで、お互いをインタビュー。
そして、それぞれにインタビューできたことを発表してもらうというもの。

ちゃんと数えたことはないけれど、
私がこれまでにインタビューしてきた人数はざっと
1000人くらいかなぁと思っていて
(これまでに印刷した名刺を数えると1200人くらいいるので)、
その経験を踏まえて、
インタビューとは…という説明から、
インタビューするときに私が大事にしていること、
気をつけていること、
インタビューをするまでに
準備しておくことなどをポイントを話して、
いざ実践。

授業が終わって、学生に話を聞いてみたら、
インタビューが思っていたより楽しかったとか、
聞きたいことを聞き出すことは難しいなぁとか、
会話を楽しめたのがよかったなどなど、
いろんなことを感じてくれたみたいでよかったなぁと一安心。

感想を聞くと、私が「伝えたい!」
と思っていた以上のことを、
みんなが汲み取ってくれているのが分かって、
打てば響く感じがものすごくうれしい。

反応が返ってくるのがうれしい

ふだんガイドブックや雑誌の記事を書いても、
読者にどう届いているかというのは、
ライターにまで伝わってこないことがほとんど。

このブログもアクセス数を見ると、
あぁ何百人もの人に
読んでもらってるんだなというのは
間接的に分かるのだけど、
相手の顔まではなかなか見えない。

教えるということをしていると、
良くも悪くも反応がダイレクトで、
この喜びは大きいなぁ。

今、教える喜びを学生たちに
教えてもらっているような気がしたのでした。

私が持っているもの、全て教えてあげたいなぁ、
それがあの子たちの人生に少しでも役に立てばうれしいなぁ。

 

作家の収支 (幻冬舎新書)

作家の収支 (幻冬舎新書)

posted with amazlet at 18.04.20
森 博嗣
幻冬舎
売り上げランキング: 25,997

note(有料)はこらち

月刊マガジン「京都くらしの編集室」はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。そのほか、短いエッセイや日々の気づきなど綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします