岡本カイロプラクティック

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

果たしてここの読者が、良い先生がいるカイロプラクティックの情報が知りたいか?
といえば、それは謎だけれど、でも紹介せずにはいられない。

仕事を頑張りすぎたか、はたまた仕事の合間のネットサーフィンをやりすぎたか…
ここ1週間くらい右の手首が痛くて痛くて。
今までも、忙しい時期にはときどき痛くなったりはしていたけれど、
こんなにも長引くなんて、おかしい。
遂には、1リットルの牛乳パックも右手だけでは持てない、
水道の蛇口をひねるのも難しいなんてことになったので、
慌てて私の駆け込み寺、岡本カイロプラクティックへ。

以前、腰痛がひどくなって、自分で靴下も履けなくなり
友達に良い先生がいると教えてもらって、ワラにもすがる思いで行ったら、
1回の施術でほとんど腰痛はなくなり、2回行って、それ以来腰痛はなし。

行ってその日にすぐ痛みがなくなるとか、あ、良くなった!って分かる訳でも
ないのだけど、効果はあとからジワジワ効いてくるというか。
今回の手首も、「だいぶ張ってますね」と言われ、
丁寧に揉みほぐしてもらっただけなんだけど、効果は徐々に出てきていて、
今では片手でフライパンも持てるほどに回復。

そんな先生の技術にも惚れ込んでいるけれど、
私は、施術中に聞ける先生の話もすごい好きなのです。
ここの先生、知る人ぞ知る有名人って感じで、雑誌BRIOにも紹介されたとかで
東京からわざわざお客さんが来たり、某有名ホテルの社長さんがお客でいたり、
いろんな人と会って、いろんな話をしているだけあって、話が面白い!
人としての魅力もすごーくある人なのです。

できれば毎月行きたいのだけど、なんせ1回5500円。
もうちょっと安ければ、定期的に行けるのだけど。
でもエステに1時間いくより、こっちで全身ほぐしてもらった方が
確実にキレイになれそうな気がする。

岡本カイロプラクティック
住所:京都府京都市 中京区聚楽廻東町24-9
電話:075-822-1717
毎週水曜日  第1・3・5の日曜日休み 
但し日曜日は午前中のみ営業

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします