徳島・大塚国際美術館…世界中の名画を一度に楽しめる

  • ブックマーク

3連休最終日。私は徳島まで日帰り取材。
編集部がタクシーをチャーターしてくれて、昼ごはん付き。
しかも入場料が3150円もする大塚国際美術館へタダ入れるのだからウキウキ。

美術館はとっても良かった。

世界中の名画を陶板で再現した作品が1074点も並ぶ大塚国際美術館。
作品はどれも原寸大で、あの教科書で見たことある有名な作品て、
こんなに大きかったの!と感動することしきり。

ダヴィンチの「モナ・リザ」だって、「最後の晩餐」だって、
ボッティチェルリの「ヴィーナスの誕生」だって、
原寸大の迫力と筆の繊細なタッチまで目の当たりにすることができる。

↑ヴァチカンの「システィーナ礼拝堂天井画」を完全再現したホール。
…を撮影するいつものカメラマン。

この迫力。この空間。
まさか徳島でヴァチカンを体感できるとは。

最後の方になると、4時間もグルグルと館内を回ることに(とにかく広い!)、
さらには、いまいち要領を得ない案内人に気を使うことに
疲れた私はすっかりブーたれていましたが、
カメラマンは、きっちり最後まで仕事をしていました。エライ。

素敵な場所を取材するといつも思う。
今度は仕事抜きでゆっくり来たいと。

行きと帰りの往復7時間、社内ではタクの運ちゃんのどうでもいいトークがエンドレス。
私は寝たフリしてたけど。

大塚国際美術館
住所:徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内
電話:088-687-3737
時間:午前9時30分~午後5時。月休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。