2018年ようやく始動…!

  • ブックマーク

帰省先の島根から京都に帰ってきて、子どもたちの学校も始まり、ようやくいつもの日常が戻ってきました。

あぁ、疲れた。

子どもたちとべったり1日中過ごしていると、何かしているというわけでもないのに、疲れる。冬休みが終わって、一人自宅で仕事を始めてようやく水面から顔を出して息つぎができたような気がします(笑)

連休中には、年末年始の疲れが出たのか、口にヘルペスができ、病院へ行ってきました。それで薬局で薬をもらったのですが、そのときの不満をつぶやいたら、

想像以上に「いいね!」をもらったので、同じように感じている人多いんだなぁと思ったことです。特にアトピーが悪化して病院行ったときなんか、なんども「肌が荒れて…」とか言いたくないんですよ。嫌なんです、本当に。

あれ本当に嫌なので、次からは「今日はどうされたんですか?」って聞かれたら、「言いたくありません」って答えようと思いつきました。

と、話が逸れてしまいましたが、島根でもいろんなところに行ってきたので、ちょっとずつブログを書いていきたいと思います。

というわけで、2018年もいろんな場所でよろしくお願いします!

◾️note https://note.mu/ezu1030

◾️インスタグラム https://instagram.com/yuko_ezumi

◾️Twitter @ezu1030

◾️Facebook:https://www.facebook.com/ezumiyuko

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。