大正ロマンに魅せられて… 「生誕125年記念 竹下夢二展」

  • ブックマーク

京都�燗�屋で開催されている「生誕125年記念 竹下夢二展」に行ってきました。
会場には、岡山の夢二郷土美術館と、群馬の竹久夢二伊香保記念館に
所蔵品されている約400点ものコレクションが並んでいるのだとか。

竹久夢二は、書籍の装丁や生活用品のデザイン、
パッケージデザインなんかもしてたんですね。

装丁本なんか、今見ても、すっごく新鮮!
今パソコンでデザインされるものとはまた違う
味のある素朴なデザインがとっても魅力的でした。

いちごやキノコを描いたものなんて、
色使いもキレイで、可愛らしくて、ちょっとレトロでほーんとにイイ!

とりわけ私が気になったのが、
美人画が描かれた掛け軸。
筆で描かれた女性にすごく色気があって、
和室に飾っておいたら、さぞかし雰囲気のいい空間になるだろうなぁ。

目が大きくパッチリした女性の絵は、奥さんでは…と言われているらしく、
展示してあった奥さんの写真と絵を見比べたりしたら、うん、確かに似ているような。
そんな裏話を知ると、ますます絵が魅力的に見えてきたりして。

その他、自ら生前保管していたという、スケッチブックやアルバム、
スクラップブックなど、本当にたくさんの作品が展示してあって、見ごたえ充分!
竹久夢二をたっぷり満喫できる展覧会でした。

25日(月) までです。

ちなみに、昨年の年賀状の版画は、夢二作品でした。
婦人グラフという雑誌の表紙を飾ったもの。

スタジオ彩稜のHPでは、これまでの年賀状の版画作品が見られます。
興味がある方はどうぞ~。→

生誕125年記念 竹久夢二展
ふたつのふるさと ふたつのコレクション

場所:京都�燗�屋グランドホール7階
期間:2010年1月6日(水) → 25日(月)
場所:京都店7階グランドホール
時間:午前10時~午後8時(ご入場は閉場30分前まで、※最終日は午後5時閉場)
入場料(税込):一般800円(600円)、大学・高校生600円(400円)、中学生以下無料

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。