「文と編集の杜」で開催中のイベント「オープンデイ」予約制で行けるようになりました!

  • ブックマーク

25人(社)以上のクリエイターの作品が一堂に会する「文と編集の杜」でのイベント「オープンデイ」。

コロナ禍のため、4月からWEBだけの発信となっていたのが、6月1日~14日(水曜日を除く)の期間、1時間に2人までの予約制でお店に行けるようになりました!

私は下記の作品を置いてもらっています!

会場はこんな雰囲気。さまざまな作品が並んでいるのを、ゆったり見られるようになっています。

予約制でお店に行けます!

6月1日(月)~6月14日(日)の水曜日を除く毎日 13時~20時

★予約は13時~、14時~、15時~、16時~、17時~、18時~、19時~の1時間刻みで、各時間帯2人まで。

MAIL:bhnomori@gmail.com

TEL:075-354-5373 まで

詳しくは、「文と編集の杜」のサイトで確認をお願いします。

私の作品もこんな感じで並べてもらっています。購入できる冊子もあるのでぜひ!

インタビューしてもらいました!

それで、このイベントの出店させてもらったことで、主催者の瓜生さんから依頼があり、インタビューをしてもらうという機会に恵まれました!

インタビューのテーマは、ライターという仕事の可能性について。

私が商業ライターとして取材したり記事を書いたりする他に、「書く」ことを教えたり、本を出版したりいろいろな活動をしていることに注目してもらい、「江角さんのライターとしての考え方などを、聞かせてほしいです」と言ってくださったのです。

緊急事態宣言も解除されたあと、万全の対策をして、みっちりとお話してきました。

会場に行ったら、手作りの透明カバーが置いてありました。しっかりコロナ対策!

しかもインタビューは動画撮影まであり!私はさんざん着ていく服を悩んで、結局、いつもの弟のブランドEZUMiで行ってきました。

人前に出るときはいつもEZUMiを着ていたい。

普段ならインタビューして原稿を書く側なのに、インタビューされてしかも原稿まで書いてもらえるなんて、こんな楽チンなことがあるのか!という気になりますが。尊敬するライターさんにどんな風に記事にしてもらうのか、またどんな動画に仕上がるのか、本当に楽しみです!

記事が公開されたら、またブログでお知らせします。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。