「フランソア」ついに!京都で憧れの老舗喫茶室へ

  • ブックマーク

喫茶室「フランソア」

念願かなって行ってきました!夜は怪しげな光りがもれる、喫茶室「フランソア」へ。
店名は、フランソ「ワ」じゃなくて、フランソ「ア」なんですね。
四条西木屋町を下ったすぐのところにあります。

喫茶室「フランソア」

フランソアは、昭和9年に開店したそう。なので、店内は大正・昭和初期の面影たっぷり。

入り口にあったようなステンドグラスに赤いビロードのイス、
壁にはモナリザの複製が飾ってあったり、レトロで贅沢なしつらえがたまらない。

喫茶室「フランソア」

この天井も。

喫茶室「フランソア」

このデザインも。古くて新しい。

喫茶室「フランソア」

コーヒー(550円)

写真は、フレッシュクリーム入りのコーヒーで、
フレッシュクリーム入りかブラックか選べます。

喫茶室「フランソア」

えーと、これはカフェオレだったかな?(650円)

 

ケーキはたくさん種類があって迷うほど。10種くらいだったかな。どれも自家製だそう。

 

喫茶室「フランソア」

レアチーズケーキ(400円)

 

喫茶室「フランソア」

リンゴのタルト・ミルリトン(500円)

 

喫茶室「フランソア」

ザッハトルテ(500円)

あと、女性スタッフのレトロな制服もまたかわいらしかった。
あれこそ、まさにメイド服というのでは、というような。

クラシック音楽がゆったりと流れ、タバコの煙が漂う(ちょっと厳しい…)
大人のための空間といった感じ。

妙に居心地がよくて、女三人2時間くらいおしゃべりし続けていました…。

夜11時までやっているので、飲み会のあとに行くのもオススメ。
昼より、夜の方が似合うような気がする。

近所の「ソワレ」と共に、ぜひ京都に来たら行ってもらいたいお店です。
憧れの青い空間…レトロな喫茶ソワレへ

 

フランソア喫茶室

住所:京都市下京区西木屋四条下ル船頭町184
電話:075-351-4042
時間:10:00~23:00
休み:12月31日・元旦のみ休日

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。