「フランソア」ついに!京都で憧れの老舗喫茶室へ

  • ブックマーク
  • -
    コピー

喫茶室「フランソア」

念願かなって行ってきました!夜は怪しげな光りがもれる、喫茶室「フランソア」へ。
店名は、フランソ「ワ」じゃなくて、フランソ「ア」なんですね。
四条西木屋町を下ったすぐのところにあります。

喫茶室「フランソア」

フランソアは、昭和9年に開店したそう。なので、店内は大正・昭和初期の面影たっぷり。

入り口にあったようなステンドグラスに赤いビロードのイス、
壁にはモナリザの複製が飾ってあったり、レトロで贅沢なしつらえがたまらない。

喫茶室「フランソア」

この天井も。

喫茶室「フランソア」

このデザインも。古くて新しい。

喫茶室「フランソア」

コーヒー(550円)

写真は、フレッシュクリーム入りのコーヒーで、
フレッシュクリーム入りかブラックか選べます。

喫茶室「フランソア」

えーと、これはカフェオレだったかな?(650円)

 

ケーキはたくさん種類があって迷うほど。10種くらいだったかな。どれも自家製だそう。

 

喫茶室「フランソア」

レアチーズケーキ(400円)

 

喫茶室「フランソア」

リンゴのタルト・ミルリトン(500円)

 

喫茶室「フランソア」

ザッハトルテ(500円)

あと、女性スタッフのレトロな制服もまたかわいらしかった。
あれこそ、まさにメイド服というのでは、というような。

クラシック音楽がゆったりと流れ、タバコの煙が漂う(ちょっと厳しい…)
大人のための空間といった感じ。

妙に居心地がよくて、女三人2時間くらいおしゃべりし続けていました…。

夜11時までやっているので、飲み会のあとに行くのもオススメ。
昼より、夜の方が似合うような気がする。

近所の「ソワレ」と共に、ぜひ京都に来たら行ってもらいたいお店です。
憧れの青い空間…レトロな喫茶ソワレへ

 

フランソア喫茶室

住所:京都市下京区西木屋四条下ル船頭町184
電話:075-351-4042
時間:10:00~23:00
休み:12月31日・元旦のみ休日

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。