くろまる(ロールケーキ)が気になる…「eX cafe (イクスカフェ)京都嵐山本店」

  • ブックマーク

 

昨日の撮影の様子。こ~んな素敵な女性と1日一緒だったのでした。
雑誌リーフで活躍中の渋谷芽美さん。
美人にはめっぽう弱い上、当日は、プロデューサーあらたさん
スタイリストさん、ヘアメイクさん、リーフの方、編集者さん、
いつものカメラマンさんが大集合するというので
(そんな大所帯な取材は初めて!)前日からドキドキしていたのですが、
芽美さんはとっても気さくな方で、スタイリストさんも交じって
ガールズトーク並みにざっくばらんな取材となったのでした。

実は、あらたさんのブログを日々密かに読んでいた私。
なので、本物に会えるとは~とこれまた感激!感激の1日だったのです。

さて、今日紹介するのは先日嵐山へ行ったときランチに寄ったお店
「eX cafe (イクスカフェ)京都嵐山本店」です。

 

ものすごく立派な門構え。大屋敷のような外観。
門をくぐると、これまた立派な日本庭園。枯山水?なんでしょうか。

 

ランチメニューは2種類。
「京野菜のうどん」と「ミニ豚丼+ミニ京野菜のうどんのセット」。
食後にドリンクが付いて、どちらも1500円。なんですが。
…これで1500円は、高いなぁという印象。
お腹いっぱいになったし、おいしかったんですケドね。

 

ふと横のお客さんを見たら、ものすごくおいしそ~なマンゴーの山盛りカキ氷やら
金ピカのプレートに盛られた絢爛豪華な黒色のロールケーキなど食べていて
とっても心惹かれました。どうやら、ここは甘味を楽しむ方が正解のよう。

お持ち帰りもできるロールケーキは「くろまる」1260円。
黒色は、黒ゴマかなと思いきや、何と竹炭を練りこんであるんだそう。
一体どんな味なんでしょう。ものすごーく気になります。

黒で統一されたシックな店内からは坪庭が望め、情緒ある雰囲気。
表通りから一本東へ入ったところにあって、ちょっと隠れ家っぽいのもいいし、
嵐山でスイーツと空間を楽しむには、イイんではないでしょうか。

eXeX cafe (イクスカフェ)京都嵐山本店
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3
電話:075-882-6366
時間:10:30~18:00(LO17:30)無休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。