ウマーッ!「萬春」のビーフカツサンド…4515円!!

  • ブックマーク

9月の5連休のこと、シルバーウィークって言うって知ってましたか?
敬老の日があるし、シルバーかなと思ったんですが、
もしかしてゴールデンに合わせて、シルバーなんでしょうか。
謎。

さて、昨日は5件取材。ぜーんぶ飲食店でお腹いっぱい!
ウキウキのおいし~い仕事だったのでした。

 

そのうちの一軒。この画、なんか見たことある…と思った方、スゴイ。
そうなんです。取材で再びココへ来ておりました。

ぜんざい 
 ↓
ケーキ2種+アイスクリームのアフタヌーンティーセット
 ↓
野菜サンドウィッチ
 ↓
和菓子2種

を試食させてもらって、その間にランチにパスタも食べて
最後に取材させてもらったのが、上七軒にある老舗洋食店「萬春」。

 

お茶屋さんだった建物をレンガ造りの洋館に改装したそうで、

 

中はこんな。1階はカウンター席と奥にテーブル席。
2階は洞窟のような、なんとも幻想的なテーブル席。
2階は、ホント洞穴の中にいるような不思議な空間で、
妙に落ち着くというか、心地よくて良かったです。

アラカルトや、ディナーコース(6615円~)、お子様ディナー(4410円)
なんて子連れにもうれしいメニューがあるんですが、
ココの一番人気は、なんといってもビーフカツサンド4515円。

 

これです、これ!このお肉の厚み!なんでしょう。パンよりも分厚い…。
お肉は、その日仕入れた新鮮な和牛のみを使用。
お店でステーキとしても出している上等なお肉をビフカツにしています。
なので…お店の人は
「高いと思われるけれど、儲けはほとんどないくらい」なんて苦笑いしてました。
だって、同じ肉を使ってるのにステーキとして出したら5500円で、
ビフカツサンドになったら4500円って…。絶対、ビフカツを選ぶでしょう。

味は、いうまでもなくウマー!の一言です。
こんなに厚いのに、柔らかくてふんわり噛み切れるし、ジューシーだし。
取材前は5件目だしお腹一杯だし、食べるの無理かも…と
思っていたのですが、ぜーんぜん。
脂っこくないし、パンもおいしいし、カメラマンさんの分も食べてしまいたいくらい
美味しくいただいたのでした。

カウンターには、大阪からバイクを飛ばしてきたというお客さん(おじさま)が2人
嬉々としてカツサンドを食べ、あっという間に帰って行ってました。

ちなみにカツサンドは、お持ち帰りもできます。
こんな素敵なおもたせ、もらうのもあげるのも気分イイだろな。

萬春
住所:京都市上京区北野上七軒
電話:075-463-8598
時間:1階17:00~23:30(LO23:00)
    2階17:00~21:00(LO20:30)
    毎週水曜定休、第3水木連休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。