キッチンゴン西陣店の「ピネライス」を食べてきた!【京都グルメ】

広告

雑誌などで取り上げられていて名前だけ知っていた「ピネライス」…。ピネライスって何?と前々から気になっていた「ピネライス」を食べにキッチンゴンへ行って来ました!

text by:江角悠子(@ezu1030



キッチンゴン

二条城の北側、住宅街の中にポツンとあるお店「キッチンゴン」。まわりは特に目立ったお店もなく人通りも少ないのに、キッチンゴンだけ人がいっぱい!休日のお昼12時半ごろに着いたら、満席でした!

コロッケやハンバーグ、エビフライなどが選べるランチメニューもあって、定番洋食が大好きな私としてはランチにしようかなと心揺れたのですが、夫に「何食べに来たんやここへ」と突っ込まれ初志貫徹。ピネライスです。

ピネライスとはつまり「チャーハン+カツ+カレー」のことで、ピネとはフランスの俗語で「薄いかつ」という意味なのだそう。カツは豚カツか牛カツか選べます(牛カツは+200円)

チャーハンにカレーにカツって、みんなの大好きなものがこれでもか!って組み合わさった、なんて贅沢な一皿なのだろうと思います。

この日は本当に人が多くて、カウンターで待つこと15分くらい。来ました!私のオーダーしたスモールサイズのガーリックピネライス。あまりにもボリュームあったので100円引きのスモールサイズにして、それならばと+200円の牛カツに変更したもの。

夫のオーダーしたガーリックピネライス。こちらが通常サイズ。

チャーハンとカレーって合うのかなってちょっと思ってたんですが、こーれがめちゃうま。特にガーリックがほどよく効いていて、本当においしい。チャーハンだけでもおいしいのに、合わさるともーっとおいしい!これ絶対子どもたちの大好きな組み合わせだし、家でしたら喜んでくれるだろうなと思ったけど、カレー作って、カツの準備してチャーハンも作ってって、どれだけ手間なの、絶対に私、途中で挫折する。これを1000円以下で味わえるなんて、本当にありがたい、と主婦の私は思う。

スモールサイズ、ちょっと小さいかなと思ったけれど、食べ終わると結構お腹いっぱい。カツが薄くてちょうどいいくらいだったなと思いました。定番サイズを食べた夫は、この日夕方までずっーとお腹いっぱいと言っていました。ボリュームあり。満足感もすごい。いやおいしかった!

写真が驚くほどボケボケですが、サラダにかかっていたスパイスがすごくおいしくてチェック。GS サラダスパイスという商品でした。これいいな。

お店は西陣店以外に、京都駅ビルのThe CUBE内と、御所東にあったのが高倉六角に移転リニューアルオープンしているそうなので、こちら街中に行ったときに気軽に行けそうです!

キッチン ゴン 西陣店


京都市上京区下立売大宮西入ル浮田町613
075-801-7563
11:00~22:00(LO 21:40) 水曜定休

note書いてます!

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなども綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします