京都・藤井大丸3階のカフェ「chano-ma (ちゃのま)」は子連れも気軽に行ける街中カフェ!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

11/15に藤井大丸3階にオープンした京都初出店のカフェ「chano-ma (ちゃのま)」のレセプションに行ってきました!

広告

小上がりがあって自宅のように寛げるカフェ「chano-ma (ちゃのま)」

このカフェの特徴は何といっても、この小上がりスペース!靴を脱いであがって、まさに店名の「chano-ma (ちゃのま)」の通り、自宅にいるかのように寛げる…!

店内入ってすぐのスペースは段差も低く、まだ小さな赤ちゃんをコローンと寝転がせておくのにちょうどよい。外食するときに、赤ちゃんがいると、椅子だけだとしんどいので、こういうスペースは本当にうれしい…!

選べるデリランチがうれしい!

ランチメニューはこんな。

デリランチ1,300円では、好きなお総菜(小鉢)が4品選べるようになっています。3品だと1,180円。

+150円で追加もできるので、小さい子どもと一緒だと、2人分頼むと絶対余るので、小鉢を多めに注文して、分けっこして食べられるこのスタイル、とてもいい!!

私の選んだ小鉢は、こちら。

・アボガドとトマトのやっこ
・鶏のスパイシー黒胡椒揚げ
・ぷりぷり海老とブロッコリーのチリマヨネーズ和え
・サーモンとエリンギの天ぷら 胡麻味噌だれ

ご飯は「黒米入り玄米」がスタンダートというのもうれしい。

私は、オプション+280円で「炙り明太子のせご飯」にしています。明太子がこれでもか!って3切れくらいのっててびっくりした。あとみそ汁も具だくさんで、箸を入れたら、本当に具がここにもこれでもか!って入ってる。

おしゃれでシュッとしたカフェなのに、中身は食堂っていうか、料理にはしっかりボリュームもあって、そしてどのデリも、めちゃくちゃおいしい!!!

何より野菜が美味しいし、ちょっとしたタレも美味しいし。いい意味でカフェっぽくないなぁと思ったのでした。

軽くてたくさん食べられちゃう「クロワッサンドーナツ」

かなりボリュームのあるランチだったので、おなかはすっかり満たされていて、スイーツは無理!と思ったのだけど、このクロワッサンドーナツというのがとてもおいしそうだったので、追加で注文(ドリンクとセットで1,280円)。

写真で見るより、アイスクリームの迫力がどーん!おしげもなくのっていて、これまたうれしい。こんなにサービスしていいの?と思ったくらい。盛りだくさん!

クロワッサンを揚げてあるドーナツなので、サクサクしてて、意外と軽い食べ心地。お腹一杯のはずなのに、ぱくぱく食べられてしまう。こわい。

コーヒーも、酸味控えめで深みとコクのある味わい(ものすごく私好み!)でおいしかった〜!

買い物の合間にぜひ、子連れで行ってみてはいかがでしょう〜。街中にこんな良いところができて嬉しい!

藤井大丸の中のトイレには、授乳室もあり!子連れで行きやすい環境が整っていると、ついつい寄りたくなってしまう。

 

chano-ma 京都 データ

京都府京都市下京区 町通四条下ル貞安前之町605

京都府京都市下京区 寺町通四条下ル貞安前之町605 藤井大丸3F
075-754-8012
11:00~20:00
定休日は、藤井大丸に準じる

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします