四条烏丸での中華ランチは、ココ!→「老香港酒家京都(オールドホンコンレストランキョウト) 」

  • ブックマーク

先日、「ことり会議」のため、四条烏丸にあるデザイン会社「フィールド」さん
ことり会のメンバーで集まりました。

で、打ち合わせも無事に終了。ランチでも行きますか、ってなったときに、
たまたま入ったお店「老香港酒家京都(オールドホンコンレストランキョウト) 」が
と~ってもおいしかったので紹介!

お店があるのは、cocon烏丸の地下。

ランチが1200円以上するってのがネックで、私はこれまで入ったことがなく、
しかも、中華食べたいけど、ここ以外のお店思いつかないし、ま、ここでいっか。
という感じで入ったわけですが、これが、ま、いっかどころではなく、
ココに来てよかったー!というくらいおいしかったのです。 

ランチメニューは、こんな。

●平日限定 シェフのおまかせランチ 1,260円
●香港式飲茶ランチ 1,575円
●点心付きスペシャルランチ 2,100円

1200円以上するのはなぁ…なんて言いつつ入ったわけですが、
飲茶が食べたくなり、香港式飲茶ランチ(1575円)をオーダー。 

 内容は…結構盛りだくさんです。

・前菜
・焼き饅頭
・点心盛り合わせ
・海老と叉焼のライスクレープ巻きの香港風蒸し
・ピータン粥 又は 香港麺の汁そば
・デザート

写真で見ると、全然おいしくなさそうですが、どれをとってもホーントおいしい!
右上の 「海老と叉焼のライスクレープ巻きの香港風蒸し」なんて、
タレまでおいしくて、スプーンですくって最後の最後まで味わってしまったほど。 

5種の点心も、しっかり味がついてて、そのままおいしくいただきました。
ひとつ食べるごとに、あ、これもおいしい、これもおいしいって、小さく感動する。 

デザートは、スタッフの人がワゴンで持ってきてくれて、
タピオカミルク、杏仁豆腐、マンゴープリン(だったか?)の3種から
好きなものを選ばせてもらいました。

いやぁ、おいしかった。「四条烏丸で中華なら、ここ」って思いました。
あ、でも別途サービス料として10%かかって、
最終的に1800円くらいしてビックリしたんですけどね!

でもまぁ、その値段以上の価値はある、優雅なランチでした。

で、次に狙うは、香港式飲茶コース。

大人 3,150円
小学生 1,575円
幼児 1,050円

の料金で、ワゴン内の点心食べ放題(90分の時間制)

隣りの席の人が食べ放題を注文していたのですが、これがまた魅力的で。
だって、スタッフの人がワゴンをゴロゴロ~って運んできてくれて
目の前で、最後の仕上げで餃子を焼いてくれたり、
好きなものをお皿によそってくれたり、なんて、ぜいたく~。

ぜひまた行きたい1軒。

老香港酒家京都(OLD HONGKONG RETAURANT KYOTO)
住所:京都市下京区水銀屋町620 COCON烏丸 B1F 
電話:075-341-1800
時間:11:30~15:00(LO)、17:00~21:00(LO)
休み:原則として無休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。