「京都北山 おばあちゃん家」

  • ブックマーク
  • -
    コピー

昨年、松ヶ崎にオープンした「京都北山 おばあちゃん家」。

店名は、おばあちゃん家へ来たときのように寛いで…という意味なのか?な?
大きな木のテーブルに、小さなお座敷スペース、
ウッディーな雰囲気の店内は手作り感いっぱいで、なるほど確かに和みます。

 

おばあちゃん家というからには、おばんざいがいろいろ食べられるのかなぁと
勝手にメニューを想像していたのだけど、そうではなく…。
親子丼やカレー煮込みうどん、天ぷらそば、にしんそばなどなど、
品揃えは下町の定食屋さんといった感じ。

オーダーしたのは、
おばあちゃん自慢の日替わり定食…880円 
この日はそうめんと海鮮丼のセット。
そして、ひつまむしとろろ飯…1300円

ふむ。この価格にしては、ボリュームは満点!でしたが、
味は、可もなく不可もなく。
と、私は思ったんでんすが、お昼時、店内は結構なお客さんでほぼ満席。
近所の人がフラッと立ち寄るのに重宝してるという感じでした~。

京都北山 おばあちゃん家
住所:京都市左京区松ケ崎杉ケ海道町2-1
電話:075-712-0188
時間:11:30~14:00(L.O.) 18:00~22:30(L.O.) 月休

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。