カナート洛北内の「茶房 ひまわり」

  • ブックマーク

月の始まり、週の始まり。
ってことで、妙に張り切りたくなる。天気もいいし。

さて、左京区民の憩いの場、カナート洛北
ユニクロはあるし、本屋はあるし、雑貨も売ってて、食材も揃う。
なんかあったら、というか何もなくても
ついつい寄りたくなるのがカナート洛北なのです。

そのカナート洛北の地下1階にある「茶房 ひまわり」へ初めて行ってみました。
フードコートはよく利用するんですが、たまには気分をかえて。

こちらは、玉子焼き(明石焼き)がウリのお店のよう。
そのほかうどんやそば、かつ丼、甘味などなど。
和風のファミレスといった感じ。

オーダーしたのは、「玉子焼・小さなあんみつセット」(730円)
焼きたてらしく、トロ~ン&ふわふわ。
明石焼きというか、玉子焼きという方がぴったり。
お出汁につけて食べるんですが、これがまたいいお味!
玉子+出汁で、一瞬、茶碗蒸しを食べてるような感覚に。
久々に「明石焼き」を食べたけれど、新鮮でとっても美味しかった!

そして、一個ずつが大きくて、思ったよりも食べごたえあります。
が、お腹は膨れない。
お楽しみの甘味、あんみつと合わせて3時のおやつ感覚。

京都では、カナートのほか、
イズミヤ白梅町店や京都ファミリーにも入っています。

茶房 ひまわり
住所:京都市左京区高野西開町36 カナート洛北地下1階
電話:075(711)1155
時間:10:00~21:00 無休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。