「まさ壱」が朝も営業!朝がゆ始めました。

  • ブックマーク

このブログに何度か登場している祇園のお店「まさ壱」。
こないだ行ったら、新たに「朝がゆ」なんてのを始めていました。

種類は3つ。シンプルな朝がゆ(550円)に、とまとがゆ(650円)、
ほたてがゆ(750円)。

とまとがゆっていうのが、一体どんな味なのか
想像をかきたてられ、一番興味あり。
でもほたてがゆも、ホタテのエキスがご飯に染み込んでそうで美味しそ~。

それにしても、おかゆに小鉢2種、おんたま、漬物がついて、
それぞれこの値段って、破格!場所は祇園ですよ。
ジロチョー、頑張っております。

時間は朝の8時から。
祇園でおいしい朝ごはんを食べて、いざ観光ってのもいいですね。

 

 

この日も、相変わらずおいしい料理をたっぷりいただきましたよ。
季節の素材を使っているので、
行く度に新しいメニューが楽しめるというのが、いい。

ただ、スタッフ2人で頑張っているので、
混んでくるとちょっと料理が出てくるのが遅い…ってのは
見逃してほしいところ。

東山花灯路では、とっても忙しかったと聞いていますが、
今はまた、清水寺のライトアップで再びいそがしいんでしょうか。

一念坂 まさ壱
住所:京都市東山区高台寺南紋通下河原町東入ル枡屋町362
電話:075-531-6839
時間:11時~蕎麦が売切れ次第終了、17:00~22:00 水休

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。