「まさ壱」が朝も営業!朝がゆ始めました。

  • ブックマーク

このブログに何度か登場している祇園のお店「まさ壱」。
こないだ行ったら、新たに「朝がゆ」なんてのを始めていました。

種類は3つ。シンプルな朝がゆ(550円)に、とまとがゆ(650円)、
ほたてがゆ(750円)。

とまとがゆっていうのが、一体どんな味なのか
想像をかきたてられ、一番興味あり。
でもほたてがゆも、ホタテのエキスがご飯に染み込んでそうで美味しそ~。

それにしても、おかゆに小鉢2種、おんたま、漬物がついて、
それぞれこの値段って、破格!場所は祇園ですよ。
ジロチョー、頑張っております。

時間は朝の8時から。
祇園でおいしい朝ごはんを食べて、いざ観光ってのもいいですね。

 

 

この日も、相変わらずおいしい料理をたっぷりいただきましたよ。
季節の素材を使っているので、
行く度に新しいメニューが楽しめるというのが、いい。

ただ、スタッフ2人で頑張っているので、
混んでくるとちょっと料理が出てくるのが遅い…ってのは
見逃してほしいところ。

東山花灯路では、とっても忙しかったと聞いていますが、
今はまた、清水寺のライトアップで再びいそがしいんでしょうか。

一念坂 まさ壱
住所:京都市東山区高台寺南紋通下河原町東入ル枡屋町362
電話:075-531-6839
時間:11時~蕎麦が売切れ次第終了、17:00~22:00 水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。