「南欧食堂 うしまけた」

店名の「うしまけた」っていったい何?とずっと思っていた、
そんな気になるお店に行って来ました。
京都工芸繊維大学の南側にあります。

うしまけたっていうのは、
牛と馬が競走して、馬勝った=うまかった=美味かった=うしまけた
ということだと、いつか誰かに聞いたような。ふふーん、なるほど。
とは思ったけれど、真意は不明。

  

ランチは日替わりと、3種のパスタが選べるパスタランチと、
その他ステーキランチなどなど、種類豊富にありました。

オーダーしたのは日替わりランチとパスタランチ。
この品数、このボリュームで何と680円。安い!
さすが大学近くのお店。学食並みの安さではないかと思います。

味付けは、イタリアンというより、お母さんが作るスパゲティという感じ。
奇をてらわない、手作り感いっぱいのお味。
店名にある食堂という表現がピッタリです。

店内は、小学生のとき友達の家に遊びに行ったような
本当にアットホームな雰囲気。生活感あふれるというか…?

気取らず、お腹一杯ご飯が食べられる洋風の食堂といったお店。
普段使いにもってこいかな。

うしまけた
住所:京都市左京区松ケ崎杉ケ海道町1-4
電話:075-722-8499
時間:月~金 11:30~14:00(L.O.13:45) 17:00~22:00(L.O.21:45)
    土・日 17:00~22:00(L.O.21:45) 不定休

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。