北海道の味!「なまら屋」

  • ブックマーク

豚インフルエンザ、とうとう京都に上陸。
観光名所は大打撃のようだけど、
人が少ない今だからこそ、逆に京都観光のチャンス!かも。
普段は人でごった返している名所もおいしいお店もスムーズに行けたりして。
とは言いつつ、やっぱりインフルエンザは怖いし。何とも言えず。

さて先日、ずっと前から気になっていたお店へ行って来ました。
下鴨にある、その名も「なまら屋」

 

なまらって、北海道の方言だから、
北海道料理かなというのは察しがつくけれど、
果たしてどうなの?と店の前を通ると思っていたところ、
…遂に行く機会があったのです。

店内はお座敷席とテーブル席とあって、意外と広い。

 

 

思っていた通り北海道の食材を使った料理がメイン。
食材は、北海道から直送されるそう。
アスパラガスの天ぷらなんて、確かに大ぶりだし、
いかにも北海道で採れました!という感じ。
ホタテご飯なんて、ホタテがゴーロゴロ入ってて、
ホタテ好きにはたまらんおいしさ。

活ほたて貝バター焼、たらば蟹、などなど
これまた北海道産の新鮮な食材を、自分たちで焼く
炭火焼メニューが豊富。
確かにおいしい!…けれど、これからの季節、
目の前で炭火焼というのは、熱くて汗だくになること必至。
それを覚悟の上でオーダーを。

焼酎が、全部北海道のもので揃っていて、
とうきびの焼酎なんて珍しいのも置いてありました。
値段も手ごろだし、メニューもドリンクも、
北海道にこだわった居酒屋さんというのが一番ぴったしくる表現かな。

行ったのが週末だったせいか、お客さんは小さな子どもを連れた
家族連れがほとんど。で、とっても賑やか。
お座敷もあるし、小さな子と一緒でも楽しめる貴重なお店かも。

ちなみにぐるなびのクーポンを持っていったら、
4名以上で、生ビールピッチャー1杯サービスっていうのがあって、
これ1500円くらいするので、かーなりお得でした。
行かれる方はぜひ、クーポン持参で。

なまら屋(ぐるなび) 
住所:京都市左京区下鴨膳部町9 メゾンブランジュ1F
電話:075-705-3232
時間:17:30~24:00(LO.23:00) 無休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。