地元民に愛される焼き鳥屋さん、岩倉の「桃太郎」

広告

そういえば、長年通っているのに一度も紹介していないお店がありました。
叡電「岩倉駅」から北へ徒歩1分くらいのところにある焼き鳥屋さん「桃太郎」。

もう6年くらい?、通い続けてすっかり常連さんに。
炭で焼くシンプルな焼き鳥に加え、
イケメン店主のコウくんとのおしゃべりも楽しみの一つです。
(私はケミストリーの堂珍に似ていると思っている。笑)

 

料理はこれだけ。鳥取は大山の地鶏だったかな。
素材の味を楽しむ料理がほとんどです。

 

おかわり自由のキャベツ。
みずみずしいキャベツに甘いタレがかかっているだけなのに妙においしい。
この日は3回おかわりしました。

料理をオーダーしすぎて写真が大量にあるので、サイズ小さくしてみました。

 

「かわ」と「きびだんご」

きびだんごとは、まぁシンプルな鶏ミンチの団子なんですが
これはふわぁっふわぁっな食感と甘いタレがおいしく、
3歳の息子もばくばく食べてました。

 

「こころ(心臓)」と「なんこつ」

こころは、ガーリックにしてもらうとミニステーキみたいな感じでおいしい。

 

写真右の「コンちゃん」はもう、ここへ来たら必ずオーダーする大好きな一品。
油揚げの中にツナマヨが入っているんですが、これがもう絶妙においしい。

実は、簡単なので家でも作れます(笑) ※ツナマヨ+ネギを油揚げに入れて焼くだけ
でもやっぱりここで食べる方がおいしいから、
きっとタレとか、炭火焼とかで、味が違うんだと思います。オススメ!

 

 

 

料理はどれもおいしいんですが、一皿が安いのも魅力。
3000~4000円くらいあれば、盛大に飲んで食べてできるはず。

わざわざ遠方から行くようなお店ではないかもしれないけれど(コウくんゴメン!)
近くにあると妙に行きたくなる、とっても居心地のいいお店です。

京都の北の方に住んでる方、ぜひ!

あ、この記事を見て明日行こう!と思われた方、
火曜日は定休日なので要注意です。

焼鳥 桃太郎
住所:京都市左京区岩倉忠在地町277-1 駅チカで、店には駐車場2台分あり。
電話:075-711-3699
時間:平日17:30~24:00(L.O23:30)、日祝 17:30~23:00(L.O22:30)  
休み:火曜日

 

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!