石清水八幡宮の参拝と合わせて寄りたい和食店「朝日屋」!創業110年以上の歴史を持つ名店!

  • ブックマーク

石清水八幡宮の参拝と合わせて寄りたい和食店「朝日屋」!創業110年以上の歴史を持つ名店今年の初詣は、石清水八幡宮ヘ行ってきました!

(その時の記事はこちら→京都・八幡市の「石清水八幡宮」に初詣へ。吉田兼好の徒然草で知った憧れの地!

参拝の帰りに寄った京阪八幡市駅前の和食店「朝日屋」さんが、とっーてもよかったので、紹介。

レトロな看板がたまらない朝日屋

「吉田類の酒場放浪記」にも出てきそうな、郷愁漂う佇まい。実は、ケーブルカーに乗る前から気になっていた…!こういう赤ちょうちん的雰囲気のお店、大好き!だし、絶対においしいに違いない。

絶品の名物「鯖の棒寿司」

絶対おいしいと思ってたけど、想像以上に何もかもがおいしかった…!

店頭でも販売していた名物「鯖の棒寿司」は、お店の中でも食べられました。半分サイズで2,000円くらいだったかな。しっかり肉厚で、ものすごくおいしかった(語彙)※ちなみにこの棒寿司は、遠方でも取り寄せ可能!

結果、こどもと取り合い。半分サイズでなく、1本まるごとオーダーすれば良かったなとは思ったんだけど、お値段が。なかなかにいい価格。

肉すい。甘辛い出汁に牛肉とタマゴが入ったもの。旨し。

もう出汁が本当においしい。いい香りがして、吸い込まれるおいしさ。

出汁がおいしいから、当然おいしい「きつねうどん」700円

こちらも出汁に、肉のうま味が加わって、よりいっそうおいしい「肉うどん」(価格は忘れた)

この日はランチを食べるために寄ったので、がっつり食べる感じのメニューになったけど、「すじの土手煮」とか、「おでん」とか、「出し巻き」などの一品料理もおいしそうでおいしそうで、車で行ってなかったら、確実に飲んでる。

店内は、常連さんと観光客とが入り交じっている感じで、適度に賑やかな雰囲気もとても良かった。地元の人に長〜く愛されてきたんだなという匂いがプンプンした(こういうお店大好き!)

「来年は電車で石清水八幡宮へ参拝に行って、帰りはここで一杯ね」というのを夫と誓ったのだった。

 

仕事で動画制作をしているが動画を作ってくれました!
石清水八幡宮の観光の参考に!3分ちょっとでサクッと見られる動画になっています(音が出ます)

動画作成のご相談はスタジオ彩稜へぜひ!

朝日屋

京都府八幡市八幡高坊11-4

京都府八幡市八幡高坊11-4
075-981-3202
11:00~21:30(LO21:30)※日・祝日は11:00~20:00(LO20:00)
不定休

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。