奈良の老舗カフェ「くるみの木」と雑貨屋さん

  • ブックマーク

そういえば先週、うちにも定額給付金の申請書が来たのでした。
本当に来ちゃった。
大金も全国民で分けちゃうと一人たったの1万2000円。
なんかもっと使い道あったんじゃあ?とは思うけど、
来ちゃったんなら、ありがたくいただきます。

さて、先日奈良へ行ったとき、遂に行ってきました。
奈良の老舗カフェ、くるみの木へ。
テレビや本で知ったオーナー・石村由起子さんのセンスがもう本当に素敵で
憧れていたお店へ、やっとこ行くことができたのです。

お店の周りは木がたくさん植わってて、小さな森のよう。
木の看板も素敵~。
何から何まで本当、女子の憧れを見事にカタチにしてるって感じ。

お店のオープンは11時半。
私たちが着いたのは11時過ぎ…だったのに、カフェの受付表には
すでに10組以上の人たちが名前を書き連ねていたのでした。
人気、人気とは聞いていたけれど、平日しかもオープン前でコレ。うーん予想外。
時間がなかったので、泣く泣くカフェでのランチは諦め、
カフェのすぐ横にある和雑貨屋さんを眺めて帰ってきたのでした。

この雑貨屋さんには、クウネルやら天然生活ならで
出てきそうな、今すぐ使いたい憧れの日用品がたっくさん。
日本の職人さんが作った工芸品や北欧モノなどなど、
こんな鍋や食器が揃ってたら、料理がんばっちゃうなぁ…と
何でもカタチから入る私は思うってしまうのでした。
やる人は揃ってなくてもやるんでしょうけど。

次こそは、もっと早めに行ってランチをリベンジ!
でもどんだけ早く行けば、いいんだろー。

くるみの木 一条店
住所:奈良市法蓮町567-1
電話:0742-23-8286
時間:11:30~17:30(LO 17:00) 金土日 11:30~21:00(LO 20:00) 第3水休

ZAKKA cage カージュ 和雑貨 胡桃 くるみ
電話:0742-20-1480
時間:11:00~17:30 金土日11:00~19:00 第3水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。