京都・堀川商店街内「倉日用商店」は男気たっぷりな雑貨屋さん

  • ブックマーク

ちょっと前ですが、取材に行っていてステキだなと思った雑貨屋さん。
紹介するの、すっかり忘れていました。

堀川商店街の中にある「倉日用商店」。
雑貨屋さんというと、女性好みのカワイイものがいっぱい並んでる、
というイメージでしたが、ここはチト違う。

店主が男性というのもあるのだろうけれど、
カワイイだけじゃない、なんていうんだろう…
実用的、素朴、昭和レトロ…そんな感じの雑貨が並んでいます。

男性から見ても魅力的なモノが多いんじゃないかな、
と思って尋ねてみたら、予想通り男性のお客さんも多いとのこと。

店内は、こんな感じ。
魅力的なモノがたくさん並んでいて目移りします!

雑然とした並び具合もいい感じ。ザ・宝探し!

ホーローのお皿とかたらいとか、どこか懐かしい。

洗濯板にほうき。たぶん買っても使わないけど、欲しくなる。
雑貨って、そういうもの(?)

鉄瓶、欲しいんだよなぁと思って撮った写真。
鉄瓶は高いというイメージだったけど、
置いてあったのはどれも1万円以下でお手頃。

雑貨の価格も考慮して、高すぎるものは置かないんだそう。
良い物で、しかも手の届く価格のものを探し出して置いてあるとか。

それで、商品一つ一つについている手書きの説明が面白い!
店主の雑貨への愛あふれるコメントは、読んでいるだけで楽しい。

また、意外なモノとの出合いがあるようにと、
日本製の陶器に混じってインド製の陶器が並んでいたり、
展示の仕方も凝っていて、捜し求めていたものと全然違うけど、
こんな面白いものに出合えたー!みたいな意外性が楽しい。

一番驚いたのは、時代劇にでも出てきそうな乳母車が置いてあったこと。
まだオーダー受け付けているかな?

オリジナルの服もあり、これもまた魅力的で試着させてもらって、
どうしようどうしようと悩んだり。
私の大好きな出西窯のお皿も置いてありました。

恵文社とかガケ書房の雑貨版のような印象で、とにかく楽しいお店!ですー。

倉日用商店

住所:京都市上京区堀川通下立売上ル4-55 堀川商店街内
電話:075-841-7304
時間:10:00~19:00 水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。