トラベラーズノートのスケジュール帳、始動。やったー!

  • ブックマーク

今日から12月。

私にとっては、クリスマスの翌日が妹の命日で、
何かと気が滅入る時期なのですが、でも、今日はいいのです。

ついに、トラベラーズノートが使えるときがやってきたのです。



念願のトラベラーズノート!

トラベラーズノート

バーチカルの手帳が使えるのは、12/19からなのですが、
マンスリーは12月からあるので、早々にトラベラーズノートに移行。

しおりの紐に、アンティーク鍵のチャームを付けました。
ゴム紐につけているプレートと同様、ヨドバシの中にある貴和製作所にて、購入。
あぁ、カワイイ(自画自賛)

 

トラベラーズノート

手帳の扉には、私の人生におけるテーマを書いてみました。

何かカスタマイズしたい余りに、ここにも海外の古切手を貼りまくり、
やりすぎちゃった感、満載ですが。

ノートの右上にあるクリップのようなものは、マグネットしおり。
トラベラーズノートを買った北山のイノブンで見つけたのですが、
薄い磁石が二つ折りになっていて、
紙をはさんでおけば、見たいページがすぐに開けます。

これ、とっても便利。

デザインは違いますが、このページを見たら仕組みが分かりやすいかな→

そして、私は先日から取材など仕事の予定だけではなく、
自分の予定も書き込むようになりました。

当たり前じゃ??と思う方もいるかもしれませんが(笑)
私は今まで依頼された仕事を忘れないよう手帳に書くのみで、
自分が原稿を書く時間については、一切手帳に書いていませんでした。

それで連日取材の仕事を入れてしまい、じゃあ私は一体いつ原稿を書くんだ?ってなったときに、
「あ、そうか!あらかじめ原稿を書く日を手帳に書いておけば、
その日は取材の仕事を入れずに済む」と気が付いたのです(笑)

これ、世紀の大発見をしたような気になっていたんですが、
手帳ってそのためにあるんだよ、と山田ねーさんに指摘されました。

これで今後、私は無理なスケジュールで仕事をすることはなくなるでしょう。

と、思ったんですが、せっかく原稿を書く日を丸1日取っておいても
取材1本くらいだったら、ちょっと頑張ればいけるかなと、
自分の予定をとりやめて仕事を入れてしまう…。

手帳をうまくつかいこなして、時間を有効に使いたい!
というわけで、明日は仕事終わりで
佐々木かをりさんの時間管理講座に行って来ようと思います。

前から著書を読んでいて、すごく憧れている人だったので、
今からどんな話が聞けるのか、楽しみです♪

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。