建物探訪…京都府庁旧本館

  • ブックマーク

春満開。
いろんなところで桜が咲き乱れ、天気は良いし、
昼間は小さな息子もいないし、絶好のお出かけ日和なんだけど。
春眠暁を覚えずって感じの春だから?
はたまた、ここ最近夜泣き続きの息子に付き合っているから?
それとも、風邪薬を飲んでいるからか…
とりあえず泥の沼に足を取られたかのようにひたすら眠い、眠い、眠い。

さて、そんな体調であってもどうしても
見逃せなかったのが、京都府庁旧本館。
行って来ました、春の一般公開最終日に。

旧本館は、明治37(1904)年に建てられて、
昭和37年まで本館として使われていたそう。
現在も会議室として使われることもあるのだとか。

 

 

薄い絨毯が敷いてある階段、木の手摺り、
凝った造りのドアや窓、アーチ型の天井などなど、
どれもこれも私のツボをつくデザイン。

昔の建物って、どれも手が込んでいる。
丁寧に手をかけて作られているという感じ。
今のはシンプルといえばそうなんだけど、
昔の建物が魅力的に見えるのは、そういうところなのかなぁと
自分なりに納得。

  

旧府庁が、一般公開されるのは、春や秋の特別なときだけと思いきや、
平日にも常時公開されているのでした。

旧知事室も見学。
東を向いた大きな窓からは、大文字がバッチリ見えました。
こんな素敵な部屋で仕事ができるなんて、昔の知事さん羨ましい。
旧本館の一室は、どこかの事務所としても使われているらしく、
スタッフの人に「こんな素敵な建物で仕事できるなんていいですね」というと
「いやぁ、みんな不便だって言ってますよ」との答え。

見た目は良いけど、やっぱり使い勝手は今の建物の方がいいのかも。

旧府庁、無料で見学できます。
御所へ行ったついでにどうでしょうか。

ちなみに桜はまだキレイに咲いているようです→

京都府庁旧本館の公開
住所:京都市上京区新町通下立売西入ル薮ノ内町
日時:月~金(祝日及び年末年始を除く)
時間:10:00~17:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。