京都・瑠璃光院…新緑の八瀬へ

  • ブックマーク

どなたかの撮影した、瑠璃光院のお庭の写真があまりにも美しすぎて、
この目で見てみたい!と、週末に行ってきました。

「ことり会だよりVol.2」にも書いたけれど、京都は桜も紅葉も美しい。
だけど、私はやっぱり新緑。京都に限らず、新緑の季節がこの世で一番美しいと思います。

生命力あふれる緑を見ていたら、生きていてよかったーって、しみじみ。
今日ついに近畿も梅雨入りしましたが、ずーっとお天気の良かったここ最近、
輝く緑を見ては、感嘆のため息をついていました。

そんな新緑をあますことなく堪能できる、瑠璃光院のお庭。
叡電の終点「八瀬」駅から徒歩5分くらいのところにあります。

 

ホームページによると、

 

ここ「八瀬」の地は、「矢背」とも記されるように、
壬申の乱で背中に矢傷を負われた大海人皇子(天武天皇)が
「八瀬の釜風呂」で傷を癒されてより、
平安貴族や武士たちに「やすらぎ」の郷として愛されてきました。

 

という場所だそう。

お庭は、瑠璃色に輝く浄土の世界を表わしているとか。

 

 

美しい緑に、心洗われました。
瑠璃光院の公開は、5月31日(木)まで。
雨に濡れた新緑もまたいいかもしれませんねぇ。

そして、帰りには息子リクエストにより、川遊び。

今週もまた八瀬の川へ行こうと思ってたんですが、梅雨入りしたんじゃ、どうしようかなぁ。
河原でのBBQも気持ちよさそうでした。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。