京都・四条烏丸の路地裏にある「めん坊 やまもと」

  • ブックマーク

昨日は久々にがっつり朝から4軒の取材でした。媒体は、新しくオープンしたお店ばかりを紹介する「news」。カメラマンさんはこれまたお久しぶりの橋本正樹さん。取材では、魅力的なお店ばかり行ったので、今月末発行されたらぜひいろんな方に見てもらいたい! で、取材の合間のランチで、橋本さん行きつけのおいしいお店を教えてもらったのでご紹介。すごく美味しくて私もここ即お気に入りのお店になった!

京都 めん坊 やまもと

お店は四条烏丸から少し歩いた路地裏にある「めん坊 やまもと」。細い路地を通って、さらにまた路地奥に進む、この分かりにくさがすごくいい。地元の知る人ぞ知る名店という感じで。お店に近づくと、ふわぁ~っと漂うお出汁のいい香り。この香りだけで、あ、絶対おいしいお店!と思ったくらい。橋本さんによると、この路地のお店はいろいろ入れ替わっているそうだけど、この「めん坊 やまもと」だけは変わらず残っているとか。サイトによると、オープンは昭和55年。

京都 めん坊 やまもと

京都 めん坊 やまもと

メニューがこーんなにもあって、どれも美味しそうで迷う迷う。有名&オススメは「カレーうどん」らしいのだけど、私はこの日カレー気分でなかったので、「ごぼう天ぷらそば定食」850円に。お店の方にご飯は(小)にできますよと教えてもらい、小にしてもらいました。

京都 めん坊 やまもと

これでご飯(小)。小にしておいて良かった。やはりお出汁が最高においしい! ごぼうの天ぷらも風味良く、ツルツルすすむ。お出汁がこの美味しさなら、ほかの丼メニューとかも確実においしいだろうなぁ。橋本さんがオーダーしたコロッケ定食には、俵型の大きめコロッケが3つも付いてて、ボリューム満点。ちょっと分けてもらったけどサクサク揚げたてのおいしさ!

訪れたのはちょうどお昼時。店内はサラリーマンらしき人が入れ替わり立ち替わり入ってきて、常に満席状態でした。でも混んでる中でも接客はスムーズで心地よく、料理が出てくるのも早くて、これはビジネスマン行きつけになるだろうなぁと納得。さすがいろいろなお店を取材しつくしている橋本さんのオススメ!良いお店教えてもらいました、ありがとうございまーす。

めん房やまもと

京都市中京区新町通り四条上る東入る観音堂町473
075-255-0856
平日11:00~20:00、土 11:00~14:00
日・祝日・第3土定休
http://menbo-yamamoto.biz/

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は満席となりました。第9期は2023年初夏からスタート予定です。