【お仕事しました!】雑誌「婦人画報」1月号お取り寄せ冊子にて島田耕園工房の作品を紹介しています。

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動しているライターの江角(@ezu1030)です。

12月1日発行の「婦人画報1月号」にて、京都は二年坂に工房を持ち、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの取材・執筆をしました!

今回は、お正月を彩る干支の置物や豆御所人形をご紹介しています。撮影は、夏の暑さがまだ残る時期に。

記事はWEBでも読めます!(豆御所人形が早くも完売していてビックリ!!)

お正月版の婦人画報は毎年立派な手帳がついておりり、お得感がすごい。今年の手帳は鮮やかな黄色で、縁起が良さそう。別冊で、細木数子さんから六星占術の教えを受けたという細木かおりさんの運勢本もあり、読みごたえ充分。

本屋さんで見かけたらぜひ手に取ってみてください!

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。