これぞ京都の名所「金閣寺」

  • ブックマーク

昨日の雨から一転、超!快晴の土曜日。
京都の紅葉は今週末が見納めでしょうか。

さて、今週は島根から父が来ておりました。
「京都観光、どこ行きたい?」と聞くと
「行ったことあるけど、もう1回金閣寺へ」との答え。
ベタねぇ…と思いつつ、金閣寺へ。

 

参道の紅葉は、終わっているものもあれば、今が見頃のものも。
でも苔の上に広がる真っ赤な紅葉の絨毯を見たら!
この時期にはこの時期の風情があるのだなぁと静かに感動。
観光客もピークを過ぎたのか、少ない方だから観光もしやすいし。

しみじみとお庭の良さ、紅葉の美しさを堪能するには、
時期をずらした方が楽しめるのかも。

御札がチケット代わり。開運招福!家内安全!

 

入り口を入ってすぐ、見えてくるのがコレコレ!
ピカピカに光る金閣寺です。
ちょうど西日が当たって、まさに金色に輝く姿を見ることができました。
午後2時半前後に行けば、こんな風に輝く金閣寺が見られます。
いやぁ、ベタな名所…なんて言っていたけど、
実物を目の前にすると、すーごく嬉しくなって、
修学旅行生に交じって(押しのけ)、写真撮りまくり。

こんなに美しい建造物があるなんて、やっぱり京都は素晴らしい。

お庭を散策した後、出口付近でお抹茶(お菓子つきで500円)を。
金閣寺がかたどってある和三盆の和菓子に、少し苦い抹茶がよく合う。

根っからの京都人て、「いつでも行けるから」ってお寺や名所に
全然行っていない人が多いけれど(小春調べ)、勿体ない!
写真やテレビじゃ、全然伝わらない、
迫力ある美しさをぜひその場で感じてもらいたい!
京都在住の人でまだ行ったことのない人に、ぜひ訪れてもらいたい名所です。

金閣寺
鹿苑寺 事務局
住所:京都市北区金閣寺町1
電話:075-461-0013
時間:9:00~17:00
参拝志納料 :大人・高校生400円

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。