京都・今宮神社で初詣

  • ブックマーク

ちょっと遅めの初詣。今宮神社へ。
あぶりもちで有名なこちら。
白味噌のタレがかかっているあぶりもちとは、どんな味?
これが食べたくて、初詣は今宮神社となったのでした。

三が日をとーっくに過ぎていたためか、境内にはほとんど人がおらず。
とってもお参りしやすかった。

今年の運勢を占おうとおみくじを購入。
普通のおみくじの横に、なんだか可愛らしい
和歌おみくじ(300円)なるものがあったのでコチラをチョイス。

おみくじを開いたら、お香のいい匂い。
そして結果は、なーんと大吉!
長年抱いた夢を実現できそうに見えます…だって♪
遂に今年、世界一周旅行に旅立つんかしら。
1年間、手帳にはさんで持ち歩こう。

境内のすみには、こんな石がありました。
三回石を叩いて持ち上げた後、お願い事をして、
次は三回石をなでてから再び持ち上げたとき、石を軽く感じたなら、
その願い事が叶うという。

挑戦してみましたが、結構ずしりと重さがある。
2度目に持ち上げたときは、ちょっと軽く感じ…たような…?
願いが叶ってほしいので、軽かったと思い込みたいだけなんですが。

なにはともあれ、おみくじが大吉だったので、ホックホクの初詣だったのでした。

今宮神社

住所:京都市北区紫野今宮町21
電話:075-491-0082

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。