神戸・六甲山牧場へ行ってきました!子連れで1日楽しい!

  • ブックマーク

先日、神戸六甲山牧場へ行ってきました!

本当は、「六甲山フィールド・アスレチック」へ行きたかったのですが、冬の期間は営業終了となることを知らず。急きょ同じ六甲山の山頂エリアにある「六甲山牧場」へ行くことにしたのでした。

でも!これがとっても楽しい場所で、結果良かった!

とにかく、いろんな動物とふれあえる

広い芝生が続く敷地内に、羊がのんびり放牧されています。人に慣れているのか、触らせてもらうこともできました。

羊のショーンのモデルにもなった羊、初めて見た。

エサが販売されており、それを購入すると餌やり体験もできます。

お馬さんに乗る体験も出来ます。一人500円。本当は娘と二人で乗る予定が(親子で1000円)、乗る直前、一人で乗ってみたいと言い出して、結果私も一人で乗ることに。小さい頃私も馬に乗せてもらってすーごく楽しかったなぁ。そして、乗馬習いたいと親に言って止められた思い出。

子牛にミルクをあげる体験(200円 ※先着順)も。

とにかくあらゆる動物との触れ合い体験が用意されているような気がする。

秋の風景を満喫

広大な敷地は視界がすこーんと抜けて、どこまでも青空が広がり気分爽快!!かつ秋真っ盛りの紅葉を楽しむこともできました。

秋の木立。

イギリスの田舎にふらりと遊びに来たかのような田園風景(行ったことないけど)

牛舎の赤い屋根の建物が風景の中ですごく映えていて美しく、何枚も撮ってしまう。

なぜ屋根が赤いのか?気になって検索したところ、さび止めの色だとか。赤以外もありそうな気がするけれど。どうなのだろう。

食事どころも充実

牧場には施設が3つあり、レストランも充実(そのうち1つは冬季休業)。本格的なチーズフォンデュが楽しめるお店もありましたが、私たちはパンが店頭で売られて、パスタやカレーなど軽食が楽しめる気軽なお店へ。

でもそこからの眺めもとてもよかった。光の先に頭の海が見えるのだけど、撮れてませんね。

朝10時くらいに行くとほとんど人がおらず、貸し切り状態。お昼前くらいから家族連れが増えてきて、一気に賑やかな雰囲気となりました。

六甲山牧場へ行く途中で見えた神戸の海。朝陽が反射して、めちゃくちゃキレイだった。

子どもが喜ぶうちにまた行きたいなぁ。

六甲山牧場データ

神戸市灘区六甲山町中一里山1-1

神戸市灘区六甲山町中一里山1-1
TEL:078-891-0280 (六甲山牧場 管理事務所)
9:00~17:00(入場は閉場30分前迄)
4月~10月 無休
11月~3月 火曜日定休(2020年3月31日は臨時営業)
入場料【大人】500円、【小・中学生】200円、【幼児】 無料

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。