京都「まんざら本店」

  • ブックマーク

「まんざら亭」は、京都市内に何店舗かあって、
ちょっとお高めの居酒屋かなというイメージだったのだけど、
行ってみたら、ちょっと違った。

 

注文した料理は、どれも見た目が美しい和風創作料理で、
お味もしっかりおいしい。
ただ、料金は一品700~1500円とちょっとお高めかなぁ。

このお店に連れて行ってくれた人が「締めに」と
薦めてくれたのが、この明太子釜飯。
釜飯は何種類かあったけれど、釜飯と明太子の組み合わせって初めて。
バターが乗ってたりしてさらに意外だったけれど、
ピラフのような感覚でおいしく食べられた。

外観は情緒ある町家で、中はモダンなインテリア。
落ち着いた雰囲気で食事が楽しめる大人のためのお店という感じで、
すっかり居酒屋的イメージはなくなったのでした。

まんざら本店
住所:京都市中京区河原町通夷川上ル
電話:075-253-1558
時間:17:00~24:00

——–
すっかり失くしたモノと思っていた旦那の鞄…出てきました。
家の隣りの駐車場、車のボンネットの上にポンと置かれていたのを、
その車の持ち主が交番に届けてくれていたのでした。

交番では、どこのどなたが届けてくれたのか教えてくれなかったけれど、
新聞に感謝の投書をしたいくらい嬉しい。
あぁ、良かった。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。