この秋イチオシの京都本!

  • ブックマーク

先日、旦那が飲み会に行ったはいいが、
財布や免許の入った鞄をどこかに忘れてきた。ちなみに眼鏡も。
店にもない、送ってもらった友達の車にもない。
一体どこに忘れたんだ! …年内、飲み会禁止にしようと思います。

さて、最近ひんぱんにお宿の紹介をしていましたが、
そのとき取材に行って書いた記事が、ついに本となって発行されました!
完成された本を開くときが、ライターをしていて一番待ち遠しい瞬間。

その本とは…えい出版社から出ている「京都ふせん本シリーズ“京都でお泊り”」です。

この本では11件ほど担当させてもらって、
ブログでも何件か紹介していますが、
お宿のセレクトは京都在住のベテランライターさんがしているだけあって、
本当に!いいお宿ばかり。

憧れの老舗旅館から、知る人ぞ知る隠れ宿まで
幅広いオススメお宿が紹介されています。

写真も多く、眺めているだけでも楽しめるし、
文章も柔らかい話し言葉で書かれているので
お宿の情報ならいらないという京都人でも、
読み物として楽しめるはず。
こんな宿があったんだーと京都人も発見がいっぱい!
の一冊になるとと思います。

そして、ふせん本シリーズには「京都でごはん」「京都で珈琲」もあり。

こちらは1件ずつしか取材に行ってませんが…。

載っているお店は、私が大好きな「オステリアソニドーロ」や、
実際に行ってみておいしいな、素敵だなと思った「ルコント」
「お魚トラットリア バルケッタ」「柴洋」などなど、ハズレなしのお店ばかりが掲載されています。

こちらは、京都人にもかなりお役立ち!の2冊になることでしょう。

ちなみにこれらの本は1冊500円。
どれも50件近いお店や宿が紹介されていて、
結構な情報量なのにワンコイン。

取材であっち行ったり、こっち行ったり、
何度か原稿を書き直したりした身としては、
一冊1000円くらい取ったらいいのにと思うのです。

本屋で見かけた際は、ぜひ手にとって、そして買ってくださ~い。
そしてそして、感想を聞かせてください。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。